Halo at 四畳半とNakamuraEmi、TVアニメ『ラディアン』第2シリーズのテーマ曲を担当

OKMusic

2019/9/11 20:00

NHK Eテレで10月2日(水)から放送されるテレビアニメ『ラディアン』の第2シリーズの、オープニングテーマがHalo at 四畳半の新曲「ナラク」、エンディングテーマがNakamuraEmiの新曲「ちっとも知らなかった」に決定! どちらもこのアニメのために書き下ろした、新曲になるとのことだ。

アニメ『ラディアン』の原作は、フランス人漫画家トニー・ヴァレントによる冒険ファンタジー。第1シリーズは2018年10月から2019年2月まで、全21話にわたり放送された。

第2シリーズのストーリーは、怪物・ネメシスを倒すため冒険の旅に出た、花守ゆみり演じる魔法使いの少年・セトの冒険が、魔法騎士志願者の少女・オコホとの出会いや、メリ、ドクとの別れ、新たな敵・商人男爵との激突など、新たな局面を迎えるものとなっている。

なおアニメ『ラディアン』第2シリーズは、NHK Eテレにて、10月2日(水)より毎週水曜日の19:25から放送。ストーリーと合わせて、主題歌もお楽しみに!

(c)2019 Tony Valente, ANKAMA EDITIONS / NHK, NEP

■【コメント】

■Halo at 四畳半・渡井翔汰(Vo&Gu)
「アニメ『ラディアン』の主題歌に我々Halo at 四畳半を選んでいただきました。
僕はこれまでもさまざまな作品に勝手に主題歌を作ってきたのですが、公式に依頼されて書き下ろすのは生まれて初めての経験でした。
「ナラク」は主人公セトの心の奥に潜む暗闇に付けた名前です。それは僕らそれぞれの心にも等(ひと)しく棲(す)まうもの。
今期のラディアンではまさにその心の暗闇にセトが立ち向かっていきます。
物語を通して、ナラクという楽曲を通して、より一層ラディアンという作品を堪能してください!」

■NakamuraEmi
「フランスで生まれた作品に関われたこと、とても光栄に思います。
ファンタジーの中にもフランスで育ったトニーさんだからこそ描けるリアルな世界があり、私もラディアンの登場人物に自分の気持ちや実在する仲間を重ね合わせて作りました。
リアルを歌ってきた自分にとって、このファンタジーの世界に関われたことは新しい挑戦となりました。
ラディアンの制作チームの皆様、すばらしいチャンスをありがとうございました」

\n

当記事はOKMusicの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ