バターだけで作ったパフェが登場。カノーブル「モンブラン・マロン・パフェ」

TABIZINE

2019/9/11 20:00

食べるバターの「CANOBLE(カノーブル)」が、9月2日より「ブールアロマティゼ「モンブラン・マロン・パフェ」を販売。4層のバターを重ねたパフェ仕立てのバターに、秋の旬である栗をトッピングした中身は?新しい感覚でバターを楽しめる一品です。
CANOBLE

バターで作った極上のパフェ

9月2日より登場した「ブールアロマティゼ モンブラン・マロン・パフェ」は、食べることをデザインするカンパニー、食のコスメティックブランド「CANOBLE(カノーブル)」の新商品です。

驚くのがパフェのその内容です。

モンブラン・マロン・パフェ

従来のパフェとは異なり、「CANOBLE(カノーブル)」の発酵バターだけで作られているんです。

9月2日からはネットストアで予約注文がスタート(商品の発送は9月17日以降)し、10月からは、都内百貨店ポップアップストアでの出店が予定されています。

複数の味を一度に堪能

「ブールアロマティゼ「モンブラン・マロン・パフェ」

従来のブールアロマティゼの製法では作ることが出来なかった、複数のバターフレーバーが今回ひとつになりました。芳醇で複雑な味わいのバターを美味しく味わうために、まとめてパフェ仕立てに。

バターがパフェになることで複雑な味のレイヤーが栗の風味をより引き立て、お口いっぱいに秋の訪れを感じることができます。

美味しさの秘訣は4層のバターレイヤー

気になるバターの種類は、左から順にマロンクリームバター、バニラシュガーバター、ミルククリームバター、モンブランバターの4種類。

4層のバターレイヤー

パフェの1層目(トップ)には、モンブランバターを使用。フランス産のマロンペーストと発酵バター、さらに和三盆糖のシロップとラム酒で仕上げたバターで、大人の上品な味わいに。

2層目は、ミルククリームバターで、フレッシュバターに生クリーム、てんさい糖、ゲランドの塩で仕上げた軽い口当たりのバターが含まれています。

3層目は、マロンクリームバターを配置。フランス産のマロンペーストとフレッシュバター、生クリームとリキュールで、口当たりの良いなめらかなバターになっています。

そして、最後となる4層目(ボトム)にあるのが、バニラシュガーバター。発酵バターにマダガスカル産バニラビーンズ、ゲランドの塩で仕上げた風味豊かなバターです。

全体的に、非常にバランスのとれた味わいで、カノーブルのバターの特徴である軽い口当たりやスッキリとした発酵バターの切れの良さが特徴です。

CANOBLE(カノーブル)
公式HP:https://depa.jp/
公式ネットストア:https://depa.stores.jp/

商品名:モンブラン・マロン・パフェ
販売開始日:2019年9月2日
価格: 2,547円(税抜)
賞味期限:製造から21日
保存方法:要冷蔵(10℃以下)

[PR TIMES]

当記事はTABIZINEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ