新川優愛、”ロケバス婚”のお相手から積極的に連絡先をゲット

※画像は、新川優愛 staff公式Twitter(@yua_staff)より

 

9月8日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、モデルで女優の新川優愛が登場し、先日発表した「ロケバス婚」に関して、結婚相手のロケバス運転手との馴れ初めを明かした。

 

新川「私を名乗った詐欺だと思ったみたい」

 

番組序盤、新川が紹介されるとMCの後藤輝基は「全国のロケバス運転手さん、アクセル強めになるやろね。『俺もいけるかな?』って」と笑わせる。そして東野幸治が「事務所に報告したらびっくりしてなかった?」と聞くと新川は「お付き合いしてる段階で、何かあったらという意味で報告はしてました。事務所は応援してくれて、協力してくれましたね」と答え皆納得の声を漏らしていた。

 

そして新川は、お相手との馴れ初めを語る。なんと新川はロケバスに忘れ物をし、他の人に知られたくないので運転手の連絡先を教えてほしいとスタッフにウソをいって連絡先をゲット。そのことを運転手に正直に話し、新川からの告白で交際がスタートしたのだそう。これを聞いた後藤は「積極的!」と驚き、新川も「(お相手の運転手は)最初SNSが乗っ取られている、私を名乗った詐欺だと思ったみたいです」と話していた。

 

最後に、新川に対して色々な質問が出演者から飛ぶ。付き合う前までは電話でのトークが中心だったという新川。「電話では何を話すの?」と聞かれると、「7時間電話をつなぎっ放しでたわいもない話をしてましたね」答え一同驚き。その後はなぜか「その間、充電はどうしてました?」、「電話の間、普通に日常生活してました?」と内容の薄い質問が連発し、後藤は思わず「どうでもええな!」とツッコむ。

 

しかしさらにどうでもいい質問は続き、King & Princeの平野紫耀は「お相手は一重ですか?二重ですか?」、俳優の田中圭は「家族が増えたとき、購入するのはファミリーカー?ロケバス?」などと聞き、これに後藤は「どうでもええ!」とツッコみまくっていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ