女性の価値はやっぱり“顔”だと思う? 街のリアルな声は…

TOKYO FM+

2019/9/11 19:00

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。9月3日(火)放送のテーマは「女は顔じゃないヨ」でした。
「男は顔じゃない」というのはよく聞く言葉。ですが女性はと言うと、どの女性誌を見ても「美人顔になる秘訣」「モテ顔の作り方」など、やはり「顔」にプライオリティが高く設定されているようにも感じます。実際女性は顔なのか? 街の年配男性に聞いてみました。



※写真はイメージです。

テーマ「女は顔じゃないヨ」

◆性格もいい子はひと握り……
「顔じゃないのかなって、年齢を重ねてなんとなく分かってきた気がします。カワイイ子っていっぱいいるじゃないですか(笑)。それは海とかでのシチュエーションでもそう見えるし。正直、僕は職業柄、綺麗な子っていっぱい身近にいるんですよ。でもその中で性格もイイ子はひと握りですね(苦笑)。やっぱり性格の裏表があるとバレちゃうので、可愛くても謙虚で裏表ない子は人気がありますね。あとやっぱり明るい子は良いです!」(48歳/男性/銀座クラブ店長)

◆顔より、髪の艶!?
「そうですね、やっぱり経験とか内面とか、髪の艶なんかも大切なんじゃないでしょうか! やっぱり経験とか、そこに出ますからね。髪の艶があるほうが余裕があるというか、話し方とか包容力とか。そういうところでしょうね(笑)。歳を取れば取るほど自分の内面も分かるし、その人と合うとか合わないとかが重要ですよね」(53歳/男性/IT系)

◆アンテナを張っている人が魅力的
「顔はある程度の年齢になっちゃうと、全然気にならなくなるんじゃないかな。話してて、会話が楽しいこと、この人頭良いなって思えることが大事ですね。頭良いっていうのは、お勉強ができるってことではなくて、回転が速いというか、気配りしてるなって思えるところですかね。例えば本を読んだとか、映画を観たとか、そういうところで話を振ったときに、深く返してくれるとすごいなって思うし。それは、見た目ってことよりも内面を磨いて、いろんなところにアンテナを張ってる訳だから。そういう人って魅力が出て来るんじゃないかなって思いますね」(54歳/男性/広告代理店)

同じ質問を、女性にも聞いてみました。

◆顔は10年も経てば変わってしまう
「まぁ振り返って若いときは、容姿が素敵な人が目に入りましたけど、経験を積んでいくにつれて顔じゃないとは思ってますね。生真面目にキチッとやることをやる生き方や姿勢ですかね! 若い人はそこまで考えていないでしょうけど。付き合ってみると分かると思いますけど、顔が素敵な方でもあまりに軽いと違うかな~って。どちらにしても最終的に選ぶときは顔じゃないよ。10年経てば変わる部分でもあるし、飽きるよ(笑)」(66歳/女性)

【男も女も、最終的には顔じゃないヨ】
若いときには、顔がいいという部分が得になることは実際にあること。ですが、それをどう使うかは本人次第。それは顔だけの話ではなく、絵がうまい、歌がうまい、運動神経がいいなど他の生まれ持った才能と同じことなのかもしれません。男も女も、幸せな人生を送るために必要なのは「顔じゃない」。自分の魅力をいかに引き出し、努力できるかが大切なのだと感じました。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時 :毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/city/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ