JR東日本千葉支社、台風からの復旧進める 車両の被害も明らかに

Traicy

2019/9/11 18:09

JR東日本千葉支社は、台風15号の影響による、あす9月12日の運転計画を明らかにした。

終日運転を取りやめるのは、内房線の君津~安房鴨川駅間、外房線の勝浦~安房鴨川駅間、久留里線の全線。

外房線の上総一ノ宮~勝浦駅間、総武本線の成東~銚子駅間、成田線の成田~銚子駅間、鹿島線の佐原~鹿島神宮駅間は午前6時頃の運転再開を見込む。

また、内房線・外房線・総武線・成田線・東金線の運転区間は通常より本数を減らして運転する。外房線の特急「わかしお」と総武本線の特急「しおさい」は一部列車で運休する。

内房線 富浦~那古船形駅間同支社は、被害状況について発信し、安房鴨川駅停車中の列車に被害があった様子や、内房線の富浦~那古船形駅間にて、ビニールハウスのようなものが線路に飛来している状況を明らかにしている。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ