女子が好きな「ピクサー作品」ランキング発表!トップは名作ぞろい!!もう一度観たくなるはず

3DCGアニメーションで多くの名作を残すピクサー作品。ディズニーのファンタジー世界とは少し違って、現実世界に存在するモノや生き物が主な登場人物です。子供も大人も、世界を違った視点でみるという驚きに包まれますよね。

女子が好きなピクサー作品をアンケート

84名の女性に「好きなピクサー作品はなんですか?」と質問。「女子が好きなピクサー作品ランキングTOP3」として発表したいと思います。

女子が好きなピクサー作品ランキングTOP3

1位 『カールじいさんの空飛ぶ家』 20.2%
第1位は2009年に公開された『カールじいさんの空飛ぶ家』でした!第62回カンヌ国際映画祭ではオープニング作品にもなるなど注目されていたそう。

ストーリーは、町の都市開発で立ち退きを命じられたおじいさんが、10297個もの風船を家に結びつけ、空の旅へと飛び立つ話です。そこで子供や動物たちと繋がって話が展開していくのですが、大事なものを思い出させてくれます。

 

2位 『レミーのおいしいレストラン』 13.1%
視聴者からはアニメーションとは思えぬほどに料理が美味しそう!とにかく面白い!と太鼓判を押され、ストーリー、アニメーション共に高評価の作品です。

内容は、フランス料理のシェフになるのを夢見る天才料理動物のネズミが主役!飲食店では不利なはずのネズミが、どのように夢を叶えていくのか、色々なメッセージ性を感じられます。

 

3位 『トイ・ストーリー』 11.9%
今回ランキング3位だった『トイ・ストーリー』の1作目は、日本では96年に公開されてからもう23年が経ちます。おもちゃ達が抱く、持ち主への思いや、自負、切なさ、見ていると昔子供の頃に遊んでいたおもちゃ達の記憶が蘇り、胸が熱くなりますよね。今年の夏に公開されたばかりの同シリーズ4作目もぜひお見逃しなく!!

ランキング4位以下

 

ピクサー作品の中でも名作と呼ばれる作品たち

あらゆる作品を出しているピクサー作品ですが、その中でも、ストーリー性、アニメーションなどで評論家などから高く評価されている作品が、ここでも選ばれているようです。まだ見たことがないなら、ぜひ、このランキングをもとに、1位からご覧になってみてはいかがでしょう。

アラサー世代が選ぶキャラクターは?

1位は海の生物が登場する『ファインディング・ニモ』でした!この作品で、オレンジ色の小さい魚「カクレクマノミ」が一般に広く知れ渡ったような気がします。作品が公開されたのは2003年。アラサー世代はまだ10代だったこともあり、記憶に鮮明に残っているのかもしれませんね。

続いて2位は、『ウォーリー』『カールじいさんの空飛ぶ家』『レミーのおいしいレストラン』、3位は『モンスターズ・インク』『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』『Mr.インクレディブル』『メリダとおそろしの森』でした。

みなさんの一押しは入っていましたか?

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ