捜査一課の刑事だけが付けられる赤バッジとは?

ラジオライフ.com

2019/9/11 17:05


警視庁や道府県警本部にある刑事部は、その名の通り「刑事事件」を扱う部署。その中でも殺人や強盗といった強行犯、さらには誘拐・人質立てこもりといった特殊犯を扱うのが「捜査一課」です。警察ドラマでもおなじみの、捜査一課の仕事と、捜査一課の刑事だけが付けられる赤バッジについて見ていきましょう。

捜査一課の刑事だけが付けられる赤バッジとは?

捜査一課が到着すると捜査の引継ぎ


ふだんは地味な仕事ばかりの捜査一課の刑事ですが、いざ事件が起きると俄然、多忙を極めます。事件発生の知らせが入ると、まず現場に向かうのが地域を管轄する警察署(所轄)の署員です。

続いて「鑑識課員」と「機動捜査隊員」が到着。鑑識課員は現場の証拠を集め、機動捜査隊員は周辺に犯人が隠れていないか捜査を行ったり、事件発覚時の様子の聞き込みを行います。

やがて警察本部の捜査一課の刑事が到着すると、機動捜査隊は状況を報告し、捜査の引継ぎを行います。この一連の動きが「初動捜査(臨場)」です。臨場が終わると所轄内に「捜査本部」が設けられ、本格的な捜査がスタート。捜査活動は「地取り・鑑取り・特命・情報」といった4班に分けられます。

地取りとは一定の地域を決めて聞き取りを行うこと、鑑取りは被害者の交友関係などを中心に捜査を行うことです。特命は証拠品や遺留品に関する捜査を行うことで、情報は寄せられた情報に関する裏づけ捜査を指します。

捜査一課の刑事が装着する赤バッジ


しかし、どの捜査であっても基本は「聞き込み」。そして聞き込み捜査は、捜査一課と所轄の刑事がコンビを組んで行われることになります。

警察本部の捜査一課の刑事は、管轄内で起きたさまざまな事件に接しているため、捜査方法において経験が豊富。一方、所轄の刑事は、地元の情報に詳しいのが特徴。そんなふたりがペアになることにより、互いの得手不得手を補うのです。

捜査一課は花形部署ともいわれ、特に警視庁では捜査一課の刑事だけが「S1S mpd」という金文字の入った金枠付きの赤い丸バッジを装着しています。

バッジの文字は「Search 1 Select=選ばれし捜査一課員」と「Metropolitan Police Department=警視庁」の略。警察関係者の間では「一課の赤バッジ」といわれています。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ