「奈良 蔦屋書店」2020年春開業、ブックカフェ座席数は地域最大級に

モデルプレス

2019/9/11 16:22

【女子旅プレス=2019/09/11】複合書店「奈良 蔦屋書店」が2020年春、奈良県最大の会議場・観光交流拠点「奈良県コンベンションセンター」内に開業する。

同施設は、“文化に囲まれ、好奇心の扉を開く場”をコンセプトとし、奈良県の観光や地元の名産品をはじめ、悠久の都・奈良ならではの新しい知識の発見がある本や雑貨をラインナップ。

また、地域最大級の座席数となる「BOOK & CAFE」を通じて、近隣住民が毎日でも利用したくなるような地域コミュニティの拠点と、国内外から訪れる観光客の両者が寛げる空間を提供する。

◆代官山から全国へ店舗を展開「蔦屋書店」



「蔦屋書店」は現在、東京・代官山を皮切りに、佐賀・武雄、北海道・函館、高知など全国に規模を拡大している。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■「奈良 蔦屋書店」


オープン時期:2020年春開業予定

情報:TSUTAYA

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ