戸田恵梨香「スカーレット」撮影で母親のサポートに感謝「唯一、感じられる愛おしい時間」

 女優の戸田恵梨香(31)が11日、大阪市のNHK大阪放送局で行われた、19年度後期連続テレビ小説「スカーレット」(30日スタート、月~土曜前8・00)の試写会に出席した。

 滋賀県の焼き物の里・信楽を舞台に、波乱万丈の人生を送る女性陶芸家のヒロイン・川原喜美子を演じる。4月にクランクインし、半分ぐらいの撮影を終えたが、大半は同局の中。そのため、たまにある滋賀でのロケで、太陽光を浴びるのがいい充電になっているよう。「神戸出身ですぐ近くに山があり、自然と触れあえる子供時代を思い出した。心の栄養になる元気をもらっている」と明かした。

 ただ、NHKが労働改革を進めているとはいえ、連ドラの主役は多忙なのは変わらないよう。「起きている時間はほぼ、ここ(大阪放送局)にいます。自宅に帰ると急いで寝ています」という過密スケジュールに追われる毎日を送っている。

 そんな中、生活のフォローに来てくれる母親のサポートが、いい息抜きになっているよう。「東京に出て15年目。その時以来で一緒に過ごし、家族のことを話したり、仕事のことを聞いてもらったり…。唯一、感じられる愛おしい時間になっています」と微笑んだ。

 この日、公開された最初の1週間分は子役が主に演じるため、戸田の姿は冒頭のみ。本格的な出番は10月10日放送分からで、その予告編では、お金のない家族を支えるために頑張っている存在であるが故に、上はセーラー服ながら、下はもんぺ姿で登場する。

 学生時代は学校がブレザーの制服で、女優としてのセーラー服姿も、これまでもドラマの回想シーンなどで着ることはあったが、がっつり着用は初めて。ただ、妹役の桜庭ななみ(26)が今回、上下セーラー服姿だったこともあり、「私もちゃんとセーラー服が着たかったな…」と“本音”をこぼし、報道陣を笑わせた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ