サム・スミス、「ステイ・ウィズ・ミー」のストリーミング数10億回突破に喜ぶ

Billboard JAPAN

2019/9/11 14:45



現地時間2019年9月10日、2014年にリリースされた「ステイ・ウィズ・ミー」のグローバル・ストリーミング数が10億回を突破したことをうけて、サム・スミスが、自身のSNSにメッセージを投稿した(https://twitter.com/samsmith/status/1171379442905751552)。

「僕、@jimmynapesと@Touristが“ステイ・ウィズ・ミー”を書いたのは、まるで昨日のことのようだ」と前置きしたサムは、「友人や家族に聴いてもらった時のことを覚えている。とても誇らしくて、興奮していた。僕らの小さな子供が10億回もストリーミングされたと知って、ものすごくシュールで、クレイジーな気分だ」と綴り、「ワイルド、ワイルド、ワイルド。ワイルドな人生」と締めくくっている。この投稿に対して、曲のプロデューサーを務めたTouristをはじめ、ワンリパブリックのライアン・テダー、サヴァン・コテチャ、デイジー・ロウらが反応している。

サムのデビュー・アルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』に収録されている「ステイ・ウィズ・ミー」は、【第57回グラミー賞】にて<最優秀レコード賞>と<最優秀楽曲賞>を受賞した。

彼は、近日公開が予定されている故ジュディー・ガーランドの伝記映画『Judy』で主役を演じるレニー・ゼルウィガーとのデュエット「Get Happy」が映画のサウンドトラックに収録されることが発表されている。

なお、YouTubeで公開されている「ステイ・ウィズ・ミー」のミュージック・ビデオは、現時点で999,584,560回再生されており、間もなく再生回数10億回を記録する。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ