濱田龍臣考案の合コンは若手イケメン祭り「ライバルだらけじゃん!」と国分太一がツッコミ

テレビドガッチ

2019/9/11 12:00

中井貴一と濱田龍臣が、9月11日に放送される『TOKIOカケル』(フジテレビ系、毎週水曜23:00~)にゲスト出演する。

同番組は、TOKIOメンバーとゲストが、駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティ。

中井は約3年ぶり、4回目の出演で「この番組は楽でいい」とリラックスモード。だか、そんな中井をTOKIOが歯に衣着せぬトークで攻めまくる。一方、初登場の濱田は9歳の時、松岡昌宏と『怪物くん』(2010年、日本テレビ系)で共演したことを振り返り、当時は松岡に「遊んでもらっていた」と懐かしむ。

今回、TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画「中井と濱田の生まれて初めて聞かれました」を展開。

「初めての給料は何に使った?」という質問では、中井が初めて現金で給料を受け取った際の“給与明細”を初公開。中井が「まさか人前で公開するとは思わなかった」と語る、1981年に受け取ってから約27年間取っておいた給与明細になるが、国分太一は「ギャラがいくらだったのか知りたい!」と興味津々の様子。

その中身が公開されると、TOKIOや濱田は大興奮。松岡が「これからもずっと取っておいたほうがいい!」と強く中井へ訴えた給与明細の中身が明らかになる。

また、今年高校を卒業して初めて自分で管理する口座を作ったという濱田へ人生の先輩として、中井が“若い時のお金の使い方”を指南する一幕も。長瀬智也もうなずきながら、中井のお金の使い方は「自分を救ってくれますよね」と賛同する。

さらに、松岡も初めての給料の使い道を告白。意外な買い物内容で中井やTOKIOから総ツッコミを受ける。その流れで、中井も初めての給料の使い道を打ち明けるが、それが今の中井からは想像もつかない驚きの使い道で……。中井は当時を「すごい優越感だった! みんな、俺を見てるなと思ってたよね」と振り返る。

「もし4対4の合コンをするなら、誰を呼ぶ?」という質問も。濱田は親交のある若手イケメン俳優の名前を挙げ、国分からは「ライバルだらけじゃん! ひとりくらいブサイク入れとかなきゃ!」とのアドバイスが。一方、中井は「自分とは異なる業界の人がいいので、医者、弁護士、会社の社長」と答え、即座に松岡から「大人のいやらしさが見える!」とツッコミが飛び、他のTOKIOのメンバーたちも厳しく追及。中井は「合コン自体がいやらしいだろ! いやらしさしかない!」と反撃するも、結局親交のある芸能界の友人から豪華メンバーを選ぶ。

他にも今さら聞けない女子の悩みにゲストが答える企画「教えて!男子の悩み」では、「彼氏が間違って元カノの名前を呼んできたときどうすればいいか?」という悩みを解決。男らしい回答をした濱田と対照的な中井に対し、またもやTOKIOのツッコミが。中井は「いろいろ人生を歩んでいくと、そういう潔さだけでは生きていけないんだよ」としみじみと語り……。「勝手知ったる仲」とお互いが話すTOKIOと中井、その中に初登場の濱田が加わるとどのような化学反応が起こるのか、注目だ。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ