本日発表された製品をARで見てみましょう! ただしデスク上でね #AppleEvent

190911waak00
Image: Apple, Photo: 小暮ひさのり

野良Apple Watchと化したSeries 5。

うまく場所を決めないとこうなります。MacProの発表の時から加わった、ARで商品を眺められる新機能。今回発表されたアイテムたちでも楽しめたので、さっそく試してみました。

まずはApple Watch Series 5だな! と思ってやってみたら…ですよ。
190911waak01
Image: Apple, Photo: 小暮ひさのり

モデリングを表示して「AR」に切り替えてしばらく待つと(平面を捕捉すると)、モデリングが産み落とされました。
190911waak03
Image: Apple, Photo: 小暮ひさのり

遠慮なくスーーっと地面に落ちるWatchを見せられて、思わずタピオカミルクティー吹き出しそうになりました。

理屈を考えればそりゃそうで、床の上で眺めていた僕が愚かだったんですけどね…。
190911waak02
Image: Apple, Photo: 小暮ひさのり

あと、ARなので持ち上げようと思っても、素通りしてしまって持ち上げることはできません(ARですし)。腕を通した姿を見てみようとしても、腕は通りません(ARですからね)。

おかしいな、MacProを召喚したときにはそれなりに感動があったんですけど、これは小物には向かないのではなかろうか?という結論に至って朝からちょっとアンニュイ気分。

iPhone11iPhone 11 ProApple Watch Series 510.2インチiPad。各端末、iPhoneもしくはiPadのSafariで開けばARで楽しめるので、床にポトンしないようにデスク上でどうぞ。

サイズ感は正直あまり参考にならないかもだけど、デザインはぐーっと近づいて見られますよ。

Source: Apple

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ