弘中綾香アナ、にゃんこスター・スーパー3助に呆れ 「浅ましい」「面倒クサ」

しらべぇ

2019/9/11 09:20

(画像は弘中綾香公式Instagramのスクリーンショット)
相方であり、恋人同士でもあるにゃんこスター・スーパー3助とアンゴラ村長。同棲中の彼らだが、ことあるごとにアンゴラは3助の不満を口にしている。

これまで何度も破局危機を噂されてきたにゃんこスターが、10日深夜放送『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に登場。同局・弘中綾香アナから3助に厳しい意見が飛び出した。

■同棲解消を提案


お笑いと恋愛が絡むという、カップル芸人ならではの悩みを持つ2人。芸人としての向上心や危機感を持たず、飲みに行っては夕方まで寝るという生活を繰り返す3助に、アンゴラは不満を覚えている。

「家では、仕事と私生活をうまくわけられていない。別々に住んでメリハリを付けてもいいのでは。そうすれば(3助の)だらしない姿も見ないで済む」とアンゴラは主張。同棲解消を提案した。


関連記事:にゃんこスターのブレイクは関ジャニ∞のおかげ? 「スベりすぎ」と批判の声も

■ケチで束縛


このアンゴラに提案に3助は反論。しかし、「家賃がかかる」「(同棲するために)せっかく家具を揃えた」「敷金礼金もあった」と金銭面での負担ばかりを口にする。

その物言いに弘中アナは「浅ましい。そういう問題じゃない」と怒りを爆発。「なんで家具の話するのか…」と呆れると、3助の芸人仲間であるバイきんぐ・小峠英二も追従し「家具焼き払え」とツッコむ。

さらに、アンゴラが友達と飲みに行くと告げると「男は誰が来て、アンゴラのことをどう思っているのか」詳しく聞きたがるなど、3助が嫉妬深く束縛も激しいことが明らかになると、弘中アナは「面倒クサ」と呆れ果てた。

■弘中アナに賛否


最終的に「1週間様子を見て、3助が変わらなかったら同棲解消」と結論づけたこの日の放送。にゃんこスターの恋人としての関係が明らかになり、ネットではやはり3助への厳しい意見が飛び交っていた。

そのなかでも、弘中アナのハッキリとした物言いには賛否が起こっている。













■約半数は「アナウンサーはタレント」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,332名を対象に調査したところ、全体の45.7%が「アナウンサーはタレントと一緒だと思う」と回答している。



ニッポン放送の深夜ラジオ『オールナイトニッポン』にも単独パーソナリティとして出演、革命家を目指し独自の路線を歩む弘中アナは、特にアナウンサーの枠を超えて「タレント化している」と感じる人も多いだろう。

・合わせて読みたい→弘中綾香アナ、ギャル化した顔に衝撃 「虫捕まえられそう」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ