“あな番”で話題の山田真歩、月9『シャーロック』に出演決定


女優の山田真歩が、フジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』(10月7日スタート、毎週月曜21:00~ ※初回30分拡大)に出演することが決まった。

名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく古典ミステリーの傑作を、ディーン・フジオカと岩田剛典のコンビで現代の東京を舞台に映像化する同ドラマ。『あなたの番です-反撃編-』(日本テレビ)での怪演で話題を集めた山田が演じるのは、江藤警部(佐々木蔵之介)の部下で原作上の“グレグスン警部”にあたる小暮クミコ役だ。

小暮は、警視庁捜査一課の巡査で、お調子者の上司・江藤警部をうさんくさく感じながらも、江藤が唱える“迷”推理に鋭いツッコミを入れ、うまいこと方向転換しながら解決へ導く冷静沈着で優秀なキャラクター。事件現場に突如として現れる獅子雄(ディーン)のことは、気に食わない邪魔な存在として見ているが、楽しそうに捜査する獅子雄、若宮(岩田)の“顔面最強”バディに対し、次第に興味を持つようになっていく。

山田は「小学生の頃、学校の図書館に全巻そろっていた『シャーロック・ホームズ』を時間も忘れて夢中で読んだのを覚えています。今回、その世界的人気ミステリーの日本版ドラマ『シャーロック』に、登場人物として参加できるなんてとても光栄です。女性警官クミコを演じながらこの世界を存分に楽しみたいと思います。スタッフもキャストも気合の入った素晴らしい方ばかり。“毎週月曜の夜が待ち遠しい”と思っていただける、そんなドラマを皆で力を合わせて作っていきたいと思っています」とコメント。

太田大プロデューサーは「男性陣ばかりの中で唯一の紅一点となるクミコには、存在だけで印象に残るような方が必要でした。山田真歩さんは、どの映画やドラマでも、怪演される場合でも、しっとりと穏やかな役柄でも、どちらにせよ必ず強い印象を残される方なので、お願いさせていただきました。女性警官クミコが、教室でバカ騒ぎするような『シャーロック』の男たちを、どこか冷めた目で見る“女子代表”として、毎回厳しく取り締まる様子を楽しみにしています」と期待を語っている。

(C)フジテレビ

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ