彼と結婚して良い?踏み切れないときに考えるべきこと

愛カツ

2019/9/10 06:45


もうそろそろ結婚しても良いかな…。そうは思っていても、なぜか彼との結婚に踏み切れない。早くハッピーになりたいはずなのに。

結婚適齢期なんて言葉は死語になってるかもけど、今逃したら、次はないかも…。

「今でしょ!」と、ウケないとわかりつつ背中を押してくれる人もいなくなった。

「どうしよう、今プロポーズされたら何て答えるの?私…」少しでも不安がよぎったあなたは、いったいどこに引っかかっているのでしょうか?

踏み切れないときに考えたいポイントを挙げてみましょう。

彼と結婚して良い?踏み切れないときに考えるべきこと

■ 金銭感覚は同じかどうか

お金の使い方って、直感的に「アレ?大丈夫かな?」って思いますよね。それって意外と大事なポイント。

例えば、連絡するといつもパチンコ屋とか、競馬や競艇などが好きなどなど、何かとギャンブルのニオイ。

はたまた、「飲み会では必ず後輩に奢って慕われてる」なんて話が耳に入ることもあるでしょう。

もちろん彼にも付き合いがあるし、今の立場で彼を縛る理由はないのだけど、自分の感覚とはズレている。

デートで割り勘しないのを頼もしく思いつつも、これまで使った額は相当なもの。お給料…、いくらなんだろう。

結婚したら同じお財布になるわけだし、彼の金銭感覚に不安を感じたら立ち止まってみるのもいいかもしれません。

■ 自分や家族のことを大切にしてくれるかどうか

友達の彼はとっても社交的だし、人前でもスキンシップはしっかり。

なんだか羨ましいな…私の彼とは全然違う。なんて比べて凹んだりすることがあると不安になりますよね。

でも、そんな時こそ冷静に振り返ってみると、「いつもクールな彼だけど、上司への挨拶やお祝いは欠かさない」「口べたなのに、母を見舞ってくれた」など、彼は意外と気遣いの人だったりしませんか?

あなたの様子がおかしいことにすぐに気づいてくれる彼ではありませんか?長く一緒にいるカップルほど、そんなところが見えなくなってくるものです。

一緒にいて落ち着く、素でいられる相手かどうかという点も忘れずに振り返ってみると、彼が家族や自分をどれだけ大切にしてくれているかが分かるでしょう。

■ 家事や育児を手伝ってくれるかどうか

彼のお父さんは仕事人間。「年取ったら親に似てくるよ」なんてよく聞くけど、そしたら彼も家庭を顧みず、仕事ひとすじになっちゃうのかな?

彼が仕事人間になったら、私はワンオペ育児。いつも子どもと二人で夕食。

そんなに体力ある方じゃないから、子育てなんて、なんだか自信ない。彼、家事や育児は手伝ってくれるかな?

ちょっと妄想チックだけど、結婚生活に夢見るところもあって、本音としてはそれが理想とするところでしょう。

結婚出産後も仕事を続けたい女性には、家事や育児を積極的に手伝ってくれるのかという問題は非常に大きいです。

核家族化や子育て家庭に優しくない現代に日本において、旦那さんの育児・家事参加は円満な家庭を築くためには重要なポイントですよ。

■ 子どもが好きじゃないかも…

彼と結婚して良い?踏み切れないときに考えるべきこと

彼が子どもを好きでないと、「結婚して子どもができても育児を手伝ってくれないかも…」と不安になるでしょう。

また、自分は子どもが欲しいのに、いざ結婚したら「子どもはいらない」なんて言われるのも辛いもの。

ただ、よその子どもはあくまでも、他人の子供です。自分の子どもとは愛情の度合いが違います。

出産育児には、パートナーとの二人三脚です。不安なことがあるなら、子どもについてしっかりと話し合って先行きを考えましょう。

■ おわりに

よくある4つのポイントを挙げてみましたが、結婚に踏み切れないのは、このうちのどれかに引っかかっているからかもしれません。

結婚について真剣に考えているからこそ、踏み切れない場合もあります。

一番多い原因は何と言っても、家庭の基盤になる経済的なことですが、もちろん、これ以外を重要視してるケースもあるはず。

ちょっと我慢してきたことも、時には振り返ってみませんか。意外と大したことではないかもしれないし、逆に大きなわだかまりになって自分の中に沈殿しているかもしれません。

直感を信じて冷静になると見えてくるものがありますよ。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ