ローランド、マルチ画面動画を簡単に作成できるiOSアプリを配信開始


ローランドは、複数のiPhone/iPadで撮影した動画を編集し、画面の分割や切り替えなど、本格的な演奏動画を作成できるiOSアプリ「4XCAMERA Maker(フォーエックスカメラ・メーカー)」の配信を開始した。ダウンロードは無料。

本アプリでは、最大4台のiPhone/iPadを使って撮影した動画を、マルチ画面の映像に仕上げられる。親機となるiPhon/iPadと、子機となる最大3台のiPhone/iPadを同期させ、親機の操作で一斉に撮影がスタートする。撮影後に画面をタップすれば子機の動画が親機にワイヤレスで転送される仕組みだ。それぞれの動画はすでに同期済みなので頭出し作業などは不要。あとはパターンの画面切り替えや画面分割(最大4つの画面に分割可能)など、アプリ内の機能を使って編集を行うだけだ。

無料版とアプリ内課金960円(税込み以下同)のアップグレード版の2バージョンを用意。App Storeからのダウンロード自体は無料。なお、2019年10月10日まではキャンペーン価格の360円でアップグレードが可能となっている。

また、そのほかのローランド製アプリもこれを同時にキャンペーン価格でのアップグレードを提供中。「4XCAMERA Maker」のほか、「4XCAMERA(480円→360円)」「Beat Sync Maker(360円→240円」「Virtual Stage Camera(1,080円→360円)」がお得に入手できる。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ