「ゴブリンスレイヤー」新作エピソード、20年2月公開決定 “最も邪悪なるもの”が暗躍するPV完成

アニメハック

2019/9/10 20:00

(C)蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤーGC製作委員会
 テレビアニメ「ゴブリンスレイヤー」の新作エピソード「ゴブリンスレイヤー GOBLIN’S CROWN(ゴブリンズクラウン)」の劇場公開日が、2020年2月1日に決定した。東京・新宿バルト9ほかで上映される。

あわせて、プロモーションビデオ第1弾が完成。雪が降りしきる“鉄壁の砦”を舞台に、主人公のゴブリンスレイヤーをはじめ、女神官、妖精弓手といったおなじみの顔ぶれや、新キャラクターの令嬢剣士が登場。“最も邪悪なるもの”の暗躍も示唆されている。

同作のムビチケ前売り券が、9月14日から劇場窓口ほかで販売されることも決定した。特典として、原作イラストを担当する神奈月昇による、水着姿のヒロインたちの描き下ろし画稿を使用したクリアファイル(全5種のうち1枚)が付属する。価格は1400円(税込み)。

18年10~12月に放送された「ゴブリンスレイヤー」は、蝸牛くも氏による人気ファンタジー小説のアニメ化。最弱とされているが、群れを成せば脅威となりうるモンスター“ゴブリン”を討伐することに執念を燃やす戦士“ゴブリンスレイヤー”が仲間たちと力を合わせ、さまざまな技術と知識を駆使してゴブリンを狩っていく。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ