星野源、藤井隆の引っ越し作業員キャラに全身で喜び 「最高だよ、隆…」


俳優・アーティストの星野源が10日、都内で行われた主演映画『引っ越し大名!』(8月30日公開)の大ヒット記念応援上映会に登場した。

同作は『超高速!参勤交代』シリーズで知られる土橋章宏の時代小説『引っ越し大名三千里』を映画化。生涯に7回もの国替え(引っ越し)を命じられた実在の大名・松平直矩をモデルに、お国を救うため知恵と工夫を絞る姫路藩の藩士たちの汗と努力と涙と笑いの物語となる。

この日は応援上映のため、タンバリンやペンライトで迎えられた星野は「ライブでもこんなペンライトない!」と驚き。さらにSPゲストのハトのマークの引越しセンター 八王子支店の"細野豪"というキャラクターとして藤井隆が登場すると、客もすぐに気づいて歓声で迎えた。

藤井は「いつの時代も引っ越しと言うのはただ物を運ぶだけではなく、心を運ぶものだという印象を受けました! 映画を観て感銘を受ける部分が沢山ございました。改めてヒットおめでとうございます!」と、緊張した引っ越し配送員という演技でずっと通していく。

5分ほどその設定でやりとりをしていたが、星野が「藤井さん、本当にありがとうございます!」と頭を下げると、「そうなんです! テッテレー!!」と藤井がネタバラシ。星野は「大ヒット御礼舞台挨拶、なんとなく1人でやるのかなと持ってたんですよ。SPゲストが向かっていると聞いて、まず最初に『細野豪さん』言われたんですよ」と、最初から藤井とは聞かされてなかったという。「誰だろうと思って、『実は藤井さんなんです』と聞いて、最高だと思って」と喜んでいた。

藤井は「最初、松竹さんからAパターンBパターンいただいて。Aパターンは記者さんと一緒に座って、フラッシュ禁止ですよと言われてるのに、1人だけフラッシュ焚いて近づいていくという不審者役。Bパターンは普通に花束もって登場する。確実にAの方が望まれてるのかなと思ったんですけど 、せっかく映画でも実際お世話になってるハトのマークの引越しセンターですので、気持ちを代弁させていただこうかと」と裏話を明かす。

また星野が「最近Instagramを初めまして、藤井さん撮影していいですか?」と尋ねると、一旦は「お断りします」と答えたが、結局了承。星野は「いいよ、隆いいよ。最高だよ隆……」と色々な角度から撮影していた。さらに作品に出演していないにも関わらずくす玉を破ることになった藤井は、「高橋一生さんのつもりでやらせていただきます」と宣言し、観客からも「一生~!」と声が掛かる。最後のフォトセッションではまた細野豪のキャラクターに戻った藤井がこわばった顔で写真に撮られ続け、終始笑いが起こっていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ