佐藤健が慟哭し、鈴木亮平、松岡茉優らが感情を爆発させる 映画『ひとよ』本予告を公開

SPICE

2019/9/10 19:10


11月8日(金)に封切られる映画『ひとよ』から本予告が公開された。

『ひとよ』は、『凶悪』『孤狼の血』などで知られる白石和彌監督の最新作。劇作家・桑原裕子氏主宰の劇団KAKUTAによる同名舞台を原作とした作品だ。ある惨劇をきっかけに崩壊した一家・稲村家の母親と三兄妹が、15年後に再会して絆を取り戻そうとする姿を描く。主演としてフリーライターの次男・雄二を演じるのは、佐藤健。電気屋勤務の長男・大樹を鈴木亮平が、妹・園子を松岡茉優が、母・こはるを田中裕子がそれぞれ演じる。

解禁された映像では、15年越しの再会にも関わらず、雄二(佐藤健)が母・こはる(田中裕子)に「子供たちの人生がめちゃくちゃになってるとき、何しに帰ってきたんですか?」と、冷ややかな問いを浴びせかけるシーンからスタート。子どもたちを守るために夫を手にかけたこはるに対し、稲村家のタクシー会社を受け継いだ社長・丸尾進(音尾琢真)と務員の柴田弓(筒井真理子)が「何も悪くないよ」と肯定する姿や、こはるの帰りを待ち続けた園子(松岡茉優)が「お母さんはあの人から私たちを助けてくれたんじゃん!」と必死に叫ぶ場面も。


しかし、稲丸タクシーの事務所にゴシップ記事のコピーが大量に張り付けられるカットや、新人ドライバー・堂下道生(佐々木蔵之介)がハンドルを握りながら絶叫し、園子が雄二に摑みかかる場面など、一家と周辺の人々がこはるが帰ってきたことをきっかけに感情を爆発させるシーンが収められている。そのほか、吃音が原因でコミュニケーションに苦手意識を持つ大樹(鈴木亮平)や、大樹との夫婦関係に問題を抱える二三子(MEGUMI)が叫ぶ場面も。さらに、フリーライターの雄二が「散々嫌な思いしてきたんだから、飯のタネにして何が悪いんだよ」と悪態をつきながらも、「どっからやり直したらいいのか教えろよ!」と慟哭し、葛藤するシーンも公開されている。

本予告公開にあわせた、白石和彌監督のコメントは以下のとおり。

白石和彌(監督)


――初めて映画で「血縁の家族」を描くことについて。

色々と自分の家族のことも考えてしまい、一筋縄ではいきませんでした。描き切ったつもりでいても完成してみるとますます家族って何かわからなくなりました。

――佐藤さん、鈴木さん、松岡さん、田中さんの「家族」はどうたったか、現場での様子について。

バラバラのようで、しっかりと奥底で繋がっているんだなと感じることができる家族だったと思います。改めて俳優の力に唸らされる撮影現場でした。みなさんそれぞれのやり方で本番に向けて集中していました。

映画『ひとよ』は11月8日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ