七海ひろき、「宙(組)」「星(組)」と来たら銀河に旅立つしかない!

UtaTen

2019/9/10 17:00

ミドルの声質が持ち味


──ご自分の「歌声」にはどういう印象を持ってます?

七海ひろき:男性の様な低音は私には低いかなと思いますね。かといって、とても高い感じの声も……すごく頑張ったら出るかもしれないけど、ちょっと違うと思ってて。

低音と高音の中間のミドルな声質が、持ち味というか、特徴なんじゃないかなとは、思っているんですけど。


──確かに。中低音のロングトーンは、聴いてて気持ち良かったです。歌う際、キーについてもこだわりがあるんじゃないですか?

七海ひろき:今回の『GALAXY』の制作の段階で、最初にいただいた曲は結構キーが高めだったんです。その方が確かに華やかな印象で楽曲として素晴らしかったです。

でも私の場合、華やかさより自分らしさの方が大切で、それは、たぶん、キーがもう少し低いんだろうなと。キー調整は時間をかけて話し合い調整していきました。

──お客さんの反応も受け止めて、自分の声の特徴やいいところをわかってる。

七海ひろき:自分の声について、すべてわかってるかどうかはわからないんですけど(笑)。皆様からのお声は、いつも真摯に受け止めております。

ちょっと専門的なテクニックの話になるんですけど、例えば、同じ音程にしても、どこで響かせるかで変わってくる。(口の中の)前の方で歌うと可愛らしく聴こえたりしますし、奥の方で歌うと響きが変わって来る。

だから、歌う時、あまり前の方ばかりで歌わないようにするのを心がけていました。

オリジナル5曲の作詞を担当



──T.M.Revolutionさんの『WHITE BREATH』をカバーなさってますが、あの曲、すごくキーが高いですよね。西川さんの歌い方もハードロック的なアプローチで、スコーンと高音が抜ける感じ。でも、七海さんのはそうじゃなかった。そこにまず、七海さんの歌声の個性を感じたんです。

七海ひろき:確かに『WHITE BREATH』は前の方で歌った方が歌いやすいし、抜けもあるんですよ。でも、そうすると力強さとかカッコよさには欠けてしまって、自分らしさからは遠くなってしまうんです。なので、少し奥の方で響かせようかなって思って。そういう歌い方をしましたね。

──なるほど。声質もそうだけど、声の響き方も熟知して歌っているんですね。今回、カバー曲(2曲収録)以外、全曲、七海さんの作詞ですね。

七海ひろき:そうですね。歌わせていただいたカバー曲はどちらも大好きな曲で、思い入れのある曲です。

今回作詞をさせて頂き、自分の言葉だからこそ、伝えたい気持ちをより深く表現できるというのは、すごく感じています。

──歌詞は元々書かれたりしたんですか?

七海ひろき:宝塚時代に、企画で1度だけ書かせていただく機会はあったんですけど、これだけしっかり書いたのは今回が初めてです。

──どういう経緯で、全オリジナル曲の歌詞を手掛けることになったんですか?

七海ひろき:アルバム1曲目の『Ambition』の作詞をしてみたら、制作スタッフの方たちから「いいじゃないですか」っておっしゃってくださって。「他の曲も、ご自身で作詞してみませんか」って言っていただいて「是非、やらせてください」と。

──書きたいこと、歌詞にしたいテーマが元々あった?

七海ひろき:そうですね。まず曲をいただいて、曲に合う歌詞のテーマを考えて。テーマに沿って言葉を書き出して、メロディに合わせていくみたいな感じでしたね。

▲「Ambition」MUSIC VIDEO / 七海ひろき

言葉がぴったりはまる瞬間


──歌詞を書くのは大変でした?それとも楽しかった?

七海ひろき:楽しかったですね。

──どういう楽しさがありました?

七海ひろき:自分が考えた言葉が、メロディにぴったりあった瞬間がたまらなくて。例えば、8文字の言葉を書くじゃないですか。その8文字が音符にぴったりあった時に、すごく嬉しいなと思いましたね。

何となくこういうことを書きたいって中から出て来た単語があって、でもこのメロディは9文字だから、言いたい事を伝えるために、9文字でどう表現するか、どう単語をメロディにつけるか、みたいな。

──ひとつ、ひとつ、文字の数を数えてやった。

七海ひろき:そうですね。すごく数えて。数えてばかりいました(笑)。今回、初めてだったので、シンプルにしようと思って。英単語を使うかどうかとかも考えたんですけど、ほとんど日本語になりましたね。その方が、自分の気持ちをストレートに伝えれるかなと思いました。

──自作詞の曲全体に「星」とか「夜」とか「空」とか、情景が浮かぶ言葉が多くありました。

七海ひろき:そうですね。元々、宝塚歌劇団の「宙組」と「星組」にいたので、やっぱり「宙(空)」とか「星」は好きな単語だったっていうのあるし。「海」とかも自分の名前入っているし。この辺りの言葉は、入れたいなと思っていたので意識して入れてった感じですね。

人間・七海ひろきにときめいて


──歌うことは好きだった?

七海ひろき:小さい頃から好きでしたね。中学高校時代は、友達とカラオケにいって6時間とか歌っていましたね。

──学生時代、演劇部に所属していたということでしたが、当時は、歌うことと演じることは別々のものでした?

七海ひろき:学生時代は別々のモノでしたけど、宝塚に入団したことによって、同じ土台にあるものだな、と思うようになりました。

役として歌うっていうのが前提にあったと思うんですよね。でも今は役ではなく「七海ひろき」として歌っているので、宝塚時代とは、また違う。


──「七海ひろき」として歌った場合、自分のどんな部分が出てるか、または出したいと思いますか?

七海ひろき:お客様に、舞台を見て恋をしていただく。これが、宝塚時代からずっと私のコンセプトだったんですよね。そこは七海ひろきとしても変わってなくて。その伝え方が役を通しているのか、私自身から出ているのかの違いっていう感じなんです。

だから、アーティスト七海ひろきに、もっというと人間・七海ひろきにときめいて、恋をしてもらえるかってところですよね。そこは本当にいつも意識して大事にしていきたい。

──恋をしてもらう……って、まずは相手のことを考えるっていうのがあるんでしょうか?

七海ひろき:そうですね。ファンの方は、私の原動力なので、まずお客様の気持ちを大切にしたい。

そういう中で、自分のやりたいことが、あるんですよ。私がやりたいと思っていることに対して、ファンの方がときめいたり喜んでくれるかなって考えること。自分の中で、1番大切にしている時間ですね。

──「今、ときめいてる」とかってわかります?例えばライブだとダイレクトに感じるんでしょうけど。

七海ひろき:ライブは、まだ東京と大阪しかやっていないんですけど、ライブで、2階の1番後ろの方達まで、高揚してる瞬間みたいなのがあって。高揚の仕方や、気持ちはそれぞれだと思うんですけど、それこそそこにいる皆さん全員が「ワーッ」って声を出してくれているのを見ると、嬉しいし、楽しいなぁって思うし。何かあるんですよね、ふわっと空気全体がこう……高揚している瞬間が。

銀河に感じるロマン


──アルバムタイトル『GALAXY』はどこから?

七海ひろき:宝塚で「宙組」「星組」だったので、空、星ときたら、あとは銀河しかない! と(笑)。ファンの方たちと、「宙」「星」と旅をして来て、次は銀河に……みんなで漕ぎ出そう、みたいな気持ちもあって。

『GALAXY』ってつけました。


──松本零士さんの漫画の世界みたいですね。銀河に対するロマンってありますよね~。

七海ひろき:ありますね。

──何なんでしょうね、銀河に対する、あの独特のロマン。

七海ひろき:そうですよね。すごくロマンを感じますよね。私、ロマンチストなんです、きっと(笑)。銀河とか星とか、宇宙にロマンを感じる。未知の世界だからですかね。

──星を見ながら、思いを馳せることあります?

七海ひろき:星?

──すみません(笑)。話がずれてきてますが、是非、聞いてみたくて。

七海ひろき:大丈夫ですよ(笑)。そうですね……星って、何百光年前に明滅している光が、今、地球に届いているわけじゃないですか。そう考えると「あそこの星にも過去があって……」とか。宇宙について考えると深いですよね。地球って星が、他にもあるかもしれない、とか。

──人間が地球にしかいないって本当か? とか。

七海ひろき:そうです、そうなんです。そういうことを考えると、自分の想像に及ばない広大な世界がある。本当にロマンだなと思います。

ポエトリーリーディングに初挑戦


──アルバムタイトルにもなった収録曲「GALAXY」では、ポエトリーリーディングにも挑戦してますね。

七海ひろき:レコーディングした時は、舞台と違って声だけなので、聴こえ方というか……どうやったら、切なさとか寂しさとかが伝わるかを考えてやりましたね。でも実際、ライブでやる時は、表情が見えたり、受け手の情報量が多いから、もうちょっと違ってくると思います。

──その違いをもう少し具体的に言うと?

七海ひろき:どちらかと言うと……レコーディングの時は声だけの芝居を意識してやっていて。ステージの時は、役者としての芝居としてやっている感じ。

──この10年くらい、音楽シーンで、ラップやポエトリーリーディングという手法が多くなってきていて。一音にたくさんの言葉を詰め込むというスタイルも含めてね。

七海ひろき:そうですよね。レコーディングにあたり、私も、いろいろ聴かせていただきました。

──あぁ、そうなんですね。じゃあ話が早いです(笑)。七海さんの『GALAXY』でのポエトリーリーディングは、これまでにないリズム感や、ニュアンスがあって、びっくりしたんですよね。こういうの、聴いたこと無いなぁって思ったんです。

七海ひろき:宝塚時代からお芝居がなによりも好きなので、声のみで思いを伝える。

今回のポエトリーリーディングは「告白」のつもりでものすごいエネルギーを声に込めて、それを乱暴ではなく丁寧に届けたいと思ってやりました。


──はい、こう……独白ってニュアンスが多いですよね。語尾にインパクトを持って来るのも含めて、強い。言葉を詰め込んでリズムを出したり。なんだよ、早口言葉かよ!と思うことも正直あります(笑)。

七海ひろき:それが今のポエトリーリーディングなんだろうなと思いますし、それはそれでとても素敵です。でも、さきほどの楽曲のキーの高さと一緒で、流行りよりも「自分らしさ」に私は拘りたくて、自分に合うスタイルでやらせて頂きました。。

──七海さんのポエトリーリーディングは台詞を聴いてる感覚になる。でも朗読じゃない。でも曲として成立している。そこが新しいなと思いました。

七海ひろき:確かに。自分でも聴いたことのない曲になったなと思いますね。

『GALAXY』は、曲より先に歌詞が先にあったんです。で、それに曲をつけていただいて、それに合わせて、テンポを気にして、歌をつけていった。だから「こういう風に作ろう」と思って作ったというんじゃなくて、作っていったら、最終的にこうなったという感じですかね。

──へぇ~、面白いですね。

七海ひろき:レコーディングの時も、面白かったですよ。どこからどこまで歌うかも、特に決めずに、とりあえず録りはじめてみたり……。

──あはははは(笑)。メインフレーズを流して「はい、どうぞ」みたいな?

七海ひろき:そうです、そうです。

──すごいな(笑)。

七海ひろき:そしたら、ぴったりはまって。だから2回くらいしか録ってないと思う。

──えぇ! それはすごいですね。長年の宝塚のステージで、曲に対する解釈力みたいなのが、鍛えられてるんでしょうね。

七海ひろき:わかんないですけどね(笑)。拍数は、ちょっと計算したりしたんですけど、でも、考えたのはそれくらいで。ただ、ライブの時は、その時の高揚具合もあるから、若干のズレやテンポ感の違いはあるかもしれない。

みんなへの思いとか、そのライブ中に皆からもらった熱とかで、臨場感が全然違ってくると思うから。

──楽曲に、ライブならではの表情が出てくるってことですね。それはライブ行く人はチェックしなくちゃ、ですね。

七海ひろき:そうですね。そこも楽しみにいらしてほしいです。


TEXT 伊藤亜希
PHOTO 片山拓

プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten

Tweet

【応募締め切り】
9/22(日) 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!


当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ