「気づいたときには好きだった!」のはこんな子!

愛カツ

2019/9/9 18:45


素敵な恋をしたいと思っていても、好きになろうと思って、好きになるものではありませんよね。

なんとなくそばにいた、いつも話していた。ただそれだけなのに、「気づいたときには好きだった……」なんてことも。

では、どんな子であれば、そんなふうに思ってもらえるのでしょう?

今回は男性たちの経験をもとに、その特徴をまとめました。

「気づいたときには好きだった!」のはこんな子!

■ もう一歩踏み込んで聞いてくれる

会話をしているときに、ただ「そうなんだ~」「へ~」で終わらないこと。

これ、意外と重要です。趣味の話であれ、近況であれ、“もう一歩」¥”踏み込んだ質問を意識してみてほしいのです。

「じゃあ○○だった?」「そういうときって、○○じゃない?」と、気持ちや詳しい状況まで聞いてくれると、男性は嬉しくなるものです。

ただし、ネガティブな話題や相手が「まぁ、○○な人がいるんだけどさ」とぼかしたときはスルーするのが正解。

彼の気持ちを理解するのに、不必要な情報は詮索をせず、会話を楽しむ。

そんな女子であれば、男性もついあの子に話したいなと思ってしまうのです。

■ 自分を選んで頼ってくれる

「○○お願いしていい?」や「○○ってできる?」と、自分を選んで頼ってくれる子に男性は弱いものです。

他の男性でもできることだと、なおさらです。

なんだかんだといって、頼りにされるのは男としても嬉しいこと。

信頼されていると実感できますし、それだけ頼ってくれるのなら、この子の特別な存在になりたいという思いも沸いてきます。

頼るだけでなく、お礼や感謝のしるしとしてなにか差し入れたり、プレゼントしたり。

きっとよりいい関係を築けるはずです。

■ オフの素顔をチラ見せしてくれる

「気づいたときには好きだった!」のはこんな子!

いつも見ているのとは違う顔を、自分だけにチラっと見せてくれる……。

「もしかしてそれって、俺は特別ってこと!?」と感じしまい、男性はだんだんと心惹かれる傾向にあります。

たとえば、残業でふたりきりになったり、仕事終わりに飲みに行ったり、プライベートで会ったときなど。

そんなときには、まるで自宅にいるときのようなオフモードの顔をチラ見せしてみてください。

ギャップを感じさせることにも繋がります。

ただし、完全にダラけきった姿を見せるのではないので、そこはご注意。ふ~っと一息ついて、リラックスしたときの表情がちょうどいいかもしれません。

■ がんばる宣言をしてくる

仕事やプライベートで大変なときは、ぜひ相談をしてみてください。

元気づけてもらったら、「じゃあ、明日わたしがんばるね!」と“がんばる宣言”をするのです。

趣味の話や、なにかのスキルアップの話題でもOK。がんばる宣言をする子は、ついつい応援したくなるのが男性というもの。

また、親身になって相談を聞いたからには、がんばりすぎないかも心配してしまうものです。

そうこうしているうちに、相手のことが気になって、好きになっている……というパターンも多いようです。

■ おわりに

共通しているのは、相手に少しだけ“特別”を感じさせること!

会話でも、見せる顔でも、なにかを頼るときでも、「キミだから」「○○くんだけに」というのが、相手に伝わるよう、コミュニケーションを意識してみてください。

そうすればきっと彼のなかでも、あなたの存在が少しずつ大きくなっていくはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ