台風で生放送に遅刻した細川たかし その後の展開に「カッコいい!」「最高」

grape

2019/9/9 17:04

2019年9月8日の夜、強い台風15号『ファクサイ』が日本列島を襲いました。

気象庁は緊急会見を開き「自分の命、大切な人の命を守るために、風が強くなる前に暴風に備え、市町村の避難勧告に従ってください」と注意喚起。

8日夜遅くから9日の昼前にかけて関東を暴風が襲い、建物の倒壊やケガ人が相次ぎました。

台風で生放送に遅刻した細川たかし、私服で演歌を熱唱

同月9日の朝、台風の影響で首都圏の交通網は混乱状態に。運転を見合わせる路線が続出し、多くの駅が人であふれかえりました。

この日、生放送をしていた情報番組『ごごナマ』(NHK)では、演歌歌手の細川たかしさんが台風の影響で遅刻する事態が発生しました。

放送開始から20分後、細川さんはジャージのような黒い服でスタジオに登場。なんと、台風の影響で衣装が届いていないため、私服での出演になったのだとか!

細川さんは苦笑いをしながら、道中の出来事を語りました。

8時過ぎにね、出たんですけど。高速が千葉のほう全面ダメだったんで、下を通りまして。

それで車も蘇我で捨てまして。で、車まず置いて、電車。初めて乗りましたね!

満員でしたね。ぎゅうぎゅう詰めでこれ(つり革や手すりを両手で)持って。すごいね。

各駅なんですよね。各駅で行くたびに人がどーんと待ってて。「これはもう乗れないだろ」って思ってたら、思いっきり乗せるので。

いや、あれを通勤の朝やってると思ったら、大変なことですね。
ごごナマ ーより引用今回の台風をきっかけに、初めて電車に乗ったという細川さん。

満員電車でもみくちゃにされ、通勤ラッシュに耐える会社員や学生の苦労を知ったといいます。

慣れない電車に乗り、人波にもまれ、きっと細川さんは心身共に疲れきっていたことでしょう。しかし、この後細川さんは私服のまま演歌を熱唱!

演歌歌手は和服で歌うのが一般的ですが、衣装が届いていないためいつもとは異なるパフォーマンスを披露しました。

番組放送後、ネットでは多くの視聴者から反響が上がりました。

・リハーサルなしで、満員電車にもまれた直後に歌えるのはすごい!さすがプロ!

・いかつい私服で演歌を披露する細川さん、いつもとは雰囲気が違っていて素敵だった。

・「なんでジャージで歌ってるんだろう?」って思ったら、そんな経緯があったんだ!すごい。

・満員電車で隣に細川さんがいたらビックリしてしまいそう…。

どんなトラブルにも動じず最高のパフォーマンスを披露する細川さんに、驚かされる人が相次いだようです。


[文・構成/grape編集部]

出典 ごごナマ

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ