『関ジャニ』錦戸亮“退所後”の心配…「うまくいくかは酒グセ次第」の声

まいじつ

2019/9/10 17:30

錦戸亮 
画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

関ジャニ∞』の錦戸亮が、9月末をもってグループを脱退、ジャニーズ事務所も退所すると発表した。その理由を本人は〝方向性の違い〟などとしているが、退所後は元『KAT-TUN』赤西仁との合流説も囁かれている。

「かねての予想通り、錦戸は関ジャニ、そしてジャニーズを去ることになりました。7月に亡くなったジャニー喜多川社長の『お別れ会』が行われた翌日、ついに発表。錦戸は前からずっと『辞めたい』と言っており、メンバーが慰留しても絶対に首を縦に振らなかった。7月からのドームツアーには出て、その後に脱退で話はついていたようです」(芸能関係者)

関ジャニは昨年、渋谷すばるが抜けて危機的な状態だったため、錦戸にまで辞められては困るということで、メンバーや関係者が何度も翻意するように説得を試みたが、錦戸の意思は最後まで変わらなかった。ここまでかたくなな態度を貫いたのには、やはりあの〝盟友〟の存在があったからだといわれている。

「かつて〝赤西軍団〟として一緒に遊び回っていた赤西です。ジャニーズ退所後に立ち上げたファンクラブに数万人のファンがおり、それだけでジャニーズ時代の収入を超えている。そういうことを聞いて、錦戸も個人でやっていくことに決めたのですよ」(同・関係者)

赤西は一足先に大人になっているが…


赤西の背中を見てソロでの活動を決めたこと、2人が今でも親友関係にあることから「近いうちに赤西と錦戸が組んで曲を出したり、ライブをするだろう」という声が各所から上がるのも当然かもしれない。

ただ、その一方で、2人の決裂を予想する人も。

「ジャニーズ時代はやりたい放題だった赤西も、ソロになり、またプライベートではパパになり、かなりマジメになった。それに比べて赤西軍団で最も酒癖が悪かった錦戸は、最近も泥酔してトラブルを起こすなど、あまり自覚がない。昨年、ラウンジで酔った揚げ句、俳優の瑛太にボコボコにされたという報道があったことは記憶に新しい。赤西は、今も変わらず酒にだらしない錦戸を見放すのでは?」(芸能記者)

錦戸はジャニーズ退所後も活躍できるのか。それは酒との付き合い方にかかっているとも言えそうだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ