あす11日 関東 雨のち秋の空気

日直予報士

2019/9/10 16:44

あす11日(水)は、日本海から低気圧が発達しながら本州付近を通過。関東地方は昼前後から雨が降る。北部では、帰宅時間に激しい雨が降る所も。雨が降った後は、比較的涼しい空気が入ってくる。きのう9日(月)からの厳しすぎる暑さは収まる。

●あすの午後 雨雲通過 激しい雨も

あす11日(水)は、日本海から低気圧や前線が発達しながら、本州付近を通過する見込みです。上空には冷たい空気が入ってくるため、大気の状態が不安定になるでしょう。昼頃から雨雲がかかり始め、雨脚の強まる所がありそうです。特に、北部では局地的にカミナリが鳴ったり、道路が川になるほどの激しい雨が降ったりするでしょう。帰宅時間に重なるおそれがありますので、最新の情報をチェックなさってくだい。

●雨上がり 続く猛暑 終止符へ

きょう10日(火)は、最高気温が東京都心で35.6度まで上がり、2日連続で猛暑日になりました。9月としては、1992年以来、27年ぶりのことです。ただ、あす11日(水)は、日差しが少なく、35度を超える所はなさそうです。きのう9日(月)からの猛烈な暑さは、落ち着くでしょう。さらに、前線が通過した後、夜は比較的涼しい空気が入ってくるので、夜の寝苦しさは解消されそうです。あさって5日(木)以降は、最高気温が東京都心でも28度前後で、猛烈な暑さは遠のくでしょう。また、最低気温は25度を下回る日が続き、秋が深まっていきそうです。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ