JT、「メビウス」から空と紅葉モチーフの限定パッケージを発売


JTは10月21日より、「メビウス」ブランドから15銘柄を対象とした限定パッケージを全国の一部販売店において数量限定で販売開始する。

今回限定パッケージが登場する銘柄は、「メビウス」「メビウス・ライト」「メビウス・スーパーライト」「メビウス・エクストラライト」「メビウス・ワン」のソフト、ボックス、100’sボックス。

メビウスでは2017年4月より、ユーザーが前向きな気持ちになるひとときや体験を届けるべく、「空 見上げていこう」をメインメッセージとしたコミュニケーション展開を行っている。その一環として、2017年より“空”をテーマとした限定パッケージを発売し、ユーザーから好評を博しているという。

今回のデザインは、空と紅葉(もみじ)が美しい秋をモチーフとしている。見上げた秋の澄み切った空とその空を彩る紅葉がつくり出す美しい風景をテーマに、タール値に応じて夜から朝へと時間が経過する空を表現。

メビウスブランドサイトでは、空とメビウスにまつわる写真とエピソードを募集する「SKY PHOTO PROJECT」も実施しており、投稿された内容をWEBサイト上に掲載している(ブランドサイトの閲覧には「JTスモーカーズID」が必要となる)。

投稿作品の一部は、パッケージ内に封入されているインサーターや一部の喫煙所でも掲載されているとのこと。

※「メビウス」「メビウス・ライト」「メビウス・スーパーライト」「メビウス・エクストラライト」「メビウス・ワン」のソフト、ボックス、100’sボックス15銘柄は、2019年10月1日からの消費税引上げにともない、10月1日より小売定価改定を実施するとのこと。上記15銘柄の小売定価は、9月30日までは480円、10月1日からは490円となる。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ