笠原秀幸、男気あふれるガテン系で『監察医 朝顔』第10話のキーマンに

テレビドガッチ

2019/9/10 16:00

笠原秀幸が、9月16日に放送される上野樹里主演の月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第10話に出演することがわかった。9年ぶりに月9出演となる笠原が演じるのは、建設会社勤務の現場監督・赤井啓介。男気あふれるガテン系という役どころを熱演する。

本作は、原作・香川まさひと、作画・木村直巳による同名医療漫画を大きくアレンジしたヒューマンドラマ。上野演じる心優しい新米法医学者・万木朝顔と、時任三郎演じる朝顔の父でベテラン刑事の万木平が、タッグを組み、様々な遺体の謎を解き明かしていく。

笠原が演じる赤井は、もともと男気の塊のような男だが、妻が初めての出産を控え、生まれてくる子供に恥ずかしくない父親でありたい、という思いを強く抱くように。そのため仕事にも、ますます真面目に公明正大に臨むようになり、監督として束ねる工事現場の荒い男たちからも抜群の信頼を集めている。一方、第10話では反社会勢力が絡むとある事件が発生し、その事件に赤井が勤務する建設会社も関わりを持ち、赤井は事件の重要なキーマンとなっていく。

今回の出演について笠原は、「『夏の恋は虹色に輝く』(2010年7月)からもう9年も経ったのかと驚きました。毎週楽しみにしていたドラマに呼んでいただきまして、とても嬉しいです。突然訪れる様々な予期せぬ事に、その時人は何を感じて、誰を思い、どう立ち向かえるのか。家族や仲間の絆を感じ、そして信じて進む皆さんが重ねてこられた、『監察医 朝顔』の世界の中で、赤井啓介として真摯に思いをもって生きたいと思います。ぜひご覧ください」とコメントを寄せている。

<第10話あらすじ>
朝顔(上野)は、もんじゃ焼き屋の店主・三郎(きづき)の妻・結衣(松長ゆり子)の死因鑑定を手伝わせてほしいと茶子(山口智子)に申し出る。もしまた手が震えたら、茶子や藤堂(板尾創路)、光子(志田未来)が代わってほしい、と訴える朝顔。その思いを受け止めた茶子は、朝顔の願いを聞き入れる。一方、平(時任)も捜査への参加を直訴し、今回の案件に違和感を抱く丸屋(杉本哲太)とともに改めて実況見分に向かう。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ