犬によって腰を痛めた飼い主に、鍼の先生がひと言 その言葉に「ジーンとした」「素敵!」

grape

2019/9/9 15:49

人間と動物は、言葉を交わすことができません。しかし、スキンシップをすれば相手の気持ちが伝わってくるものです。

ズスメ天狗(suzumetengu)さんが飼っている元保護犬のてんすけくんには、ある『お気に入りのスキンシップ』がありました。

それは、飼い主さんに飛びつくこと。てんすけくんが飛びついてくるたび、飼い主さんも喜んで応じていたのですが…。

愛犬の『飛びつき』で飼い主が腰を痛めてしまい…?

てんすけくんの『飛びつき』が原因で、腰を痛めてしまったと思われる飼い主さん。

周囲の人たちは親切心から「やめさせたほうがいいよ」と助言をしてくれたものの、飼い主さんはこのスキンシップをやめさせるべきか迷っていました。

そんな中、笑顔で声をかけてきたのは飼い主さんが通っている鍼治療の先生でした。

「やめさせたら、てんちゃんがかわいそう。また腰を痛めても僕が治してあげるから」

きっと同じ飼い主の立場で、先生はてんすけくんと飼い主さんの気持ちを察してくれたのでしょう。

先生の温かく、頼りになるひと言に、飼い主さんは思わずジーンとしてしまったといいます。

投稿に対し「なんだかこちらもジーンとしちゃった」「素直な愛情表現って嬉しいですもんね!」「素敵な先生だなあ」といったコメントが寄せられました。

スズメ天狗さんは、Instagramにてんすけくんの写真や漫画を多数投稿しています。気になった人は、ぜひご覧ください。

Instagram:Suzume Tengu(suzumetengu
ブログ:こぐま犬と散歩~元保護犬の漫画日記~


[文・構成/grape編集部]

出典 suzumetengu

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ