山小屋を守り続けて39年!登山客を温かく迎える星美知子のセブンルールとは?

テレビドガッチ

2019/9/10 16:00

9月10日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、南アルプス・北岳の標高約2000m地点にある「両俣小屋」山小屋番の星美知子(69)に密着する。

同番組は、テレビに出ることはなかなかないけれど、様々な分野で、そのキャリアを輝かせている女性に密着する新感覚ドキュメント。出演者は青木崇高、本谷有希子、YOU、若林正恭(オードリー)。

富士山に次ぐ日本で2番目の高さを誇る北岳。この山を含む南アルプスは、春から秋のシーズンに多くの登山者が集まる人気のスポット。この地で、山小屋「両俣小屋」を取り仕切る星が今回の主人公だ。釣りに適した渓流が近くにあるロケーションや、「すごくアットホームな雰囲気」と評判の「両俣小屋」を守り続けて39年、小屋を訪れた客は4万人を超え、根強いリピーターも多い。

出身は福島県南会津。10代の頃に結核を患い、入退院を繰り返す日々を過ごしていた。一年間の浪人生活を経て早稲田大学に入学。その後、出版社に就職した。しかし、忙しさから自律神経失調症を患い、退社。体を丈夫にしたいと考えた星は、南アルプスのスキー場や山小屋で働くようになる。すると、病弱だった自分の身体の変化を感じたといい、31歳の頃、先代の引退に伴い山小屋番を引き継ぐことになった。

半年ぶりの小屋びらき。麓の自宅から約15kgの荷物を持って、8kmの山道を歩く。もちろん、電気の通らない場所に小屋はあるため、小型の発電機を回し、ガス管や水道を通してライフラインを整えていく。さらに輸送ヘリで必要な荷物が運び込まれ、登山客をもてなす準備が整うと星の仕事はいよいよ本番。小屋の清掃に洗濯、登山者の食事作り。さらに、週に一度は食料調達のため、半日かけて麓まで買い出しに出かける。

95年の歴史を持つ「両俣小屋」の山小屋番として、自分と同じく山を愛する人々を温かく迎え続ける彼女のセブンルールとは?

「富士山に登ったことがあるか」との話題になったスタジオでは、「自分の脚ではなくキャタピラーで頂上まで上ったことがある」と話すYOU。この発言に衝撃を受けるメンバー達。そんな彼らを尻目に、しれっと放ったYOUのさらなる一言に、「説得力ないわ!」と大ブーイングが巻き起こっていた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ