TBS、『消えた天才』存続は「調査終了時点で判断」 当面は特番


TBSは10日、東京・赤坂の同局にて、10月期番組改編説明会を開催。映像の加工などを行っていたことが発覚し、放送休止を発表した『消えた天才』(毎週日曜20:00~)の存続について「調査が終了した時点で判断します」と説明した。

同局は今月5日、8月11日の放送回で、リトルリーグ全国大会で全打者三振の完全試合を達成した当時12歳の少年の試合映像を放送した際、映像を早回しすることで実際の投球よりもストレートの球速が速く見える加工を行っていたことを報告。過去の放送も調査したところ、8月11日放送分の他に3件あったことも報告し、調査が完了するまで放送を休止すると発表していた。

編成局長の合田隆信氏は「非常に短い期間で調査をした結果をご報告したんですが、それ以外にそのようなことがなかったかなど精査しているので、調査が終了するまでは放送中止と決めています。それ以降は未定。調査が終了した時点で判断します」と説明。「当面は特番でということになります」とした。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ