iPhone 11、まさかの逆無線充電に非対応?著名アナリストの最終レポートより

EDpA56-X4AI53Rs-2
Image: Ben Geskin/Twitter

あ、あれ?

個人的に楽しみにしていた、次期iPhoneがリバースワイヤレス充電に対応するという噂。しかしイベント直前になって、これを否定するレポートが登場してしまいました。

9to5Macによると、Apple関連で著名なアナリスト ミンチー・クオ氏は、次期iPhoneについて以下のように報告しているとのこと。

・リバースワイヤレス充電には対応せず

・Apple Pencilにも非対応

・外部ポートはLightning

・有機ELディスプレイモデルは18WのUSB-C対応急速充電器を同梱

・新カラーの登場

・超広帯域無線(UWB)への対応

クオ氏はリバースワイヤレス充電への非対応について、「充電効率がAppleの要求に到達しなかったのだろう」と報告しています。また同様の問題は、BloombergのMark Gurman記者も伝えています。

リバースワイヤレス充電では、iPhoneのアップルロゴの上にApple WatchやAirPodsケースを置くことで、iPhoneから充電ができるとされていました。あと、友達のiPhoneを充電してあげる…なんて使い方も、リバースワイヤレス充電ではできるんですよね。

Appleとワイヤレス充電といえば、充電マットの「AirPower」の発売が中止されたように、どうも相性が悪い印象。これも、Appleの要求が高いからなんでしょうか?

Source: 9to5Mac

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ