女性版仕事満足度ランキング、初の1位を獲得した職種は?


「doda(デューダ)」(パーソルキャリア運営)は9月9日、仕事に対する満足度調査から女性の回答に絞って集計した結果を発表した。現在就いている職種について、「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間(残業・休日など)」「職場環境(社風・周囲の社員など)」の5つの指標別に満足度を100点満点で回答してもらった。調査期間は2019年7月、調査対象は20~59歳のホワイトカラー系職種の女性正社員で、有効回答は4,649人。

仕事満足度ランキングの各指標の平均点は、「総合」が64.6点(前年62.3点)、「仕事内容」が69.8点(同64.0点)、「給与・待遇」が61.7点(同56.3点)、「労働時間」が74.6点(同68.4点)、「職場環境」が67.2点(同61.7点)。5指標の中で最も満足度が高かったのは「労働時間」、最も低かったのは「給与・待遇」となった。

「総合」満足度をみると、「MR(営業)」(83.2点)が初の首位を獲得。「仕事内容」「給与・待遇」が1位となるなど、5指標のうち「労働時間」以外の指標が上位に入った。回答者からは「経験が活かせる仕事内容なので、やりがいがある」といったコメントが寄せられた。

以下、2位「研究/開発(素材/化学/食品系エンジニア)」(73.1点)、3位「教育/スクール/研修/塾講師/専門学校/英会話学校(販売/サービス)」(72.0点)、4位「経営/戦略コンサルタント(コンサルタント)」(71.2点)、5位「人事アシスタント」(事務/アシスタント)」(70.8点)と続いた。

ランクイン最多職種は昨年に続き「事務/アシスタント系職種」で、トップ20に6職種がランクインした。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ