三浦翔平、矢本悠馬、崎山つばさ、須賀健太が火星移住が題材の舞台に出演


オリジナルドラマと舞台が連動した新プロジェクト『ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~』が制作されることが決定した。演出と脚本を手がけるのは鈴木おさむで、ドラマはWOWOWで2020年1月放送予定。

これは実在する火星移住計画「マーズワンプロジェクト」に着想を得た、火星を舞台にしたシチュエーションコメディ。人類の未来を託された4人の移住者の最適な組み合わせを、科学者たちが試行錯誤しながら決めていく姿を描く。ドラマは全6話からなるオムニバス形式で、全24名のキャストは後日発表される。そして舞台版のキャストを務めるのは三浦翔平、矢本悠馬、崎山つばさ、須賀健太。こちらは2020年5月に東京と大阪で上演予定となっている。

ドラマと舞台それぞれの演出・脚本を手がける鈴木は「火星に移住することが夢ではなくなった時代に、火星を舞台にした1シチュエーションドラマ。こんな難しくやりがいのあることはないと燃えました! 案の定、作っていく過程でとてつもなく苦労しましたが、ありそうでなかったSFスペース人間ドラマになったと思っています。みなさんも、この4人に選ばれたつもりになってご覧ください!」とコメントしている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ