中島みゆき「夜会」シリーズ最新作!『夜会VOL.20「リトル・トーキョー」』11月27日発売!

UtaTen

2019/9/10 11:02



『夜会VOL.20「リトル・トーキョー」』11/27発売


9月25日に倉本聰脚本ドラマ『やすらぎの刻~道』のW主題歌で46枚目となるニューシングル「離郷の歌/進化樹」が発売間近の中島みゆき。

30年続く、中島みゆきの歌で綴るオリジナル舞台表現「夜会」シリーズの第20弾、5年ぶりの最新作となる『夜会VOL.20「リトル・トーキョー」』のBlu-rayとDVDが2019年11月27日に発売されることが発表された。

1989年から30年で20回実施


「夜会」は1989年から30年で20回、VOL.20(再演含む14作品)まで実施され、これまでに延べ46万人を動員した中島みゆきの大ヒットオリジナル音楽舞台作品。中島みゆき本人が原作・脚本・作詞・作曲・演出、そして主演をつとめる、中島みゆきのもうひとつの表現活動であり、ライフワークそのものとなっている。

5年ぶりの最新作品


映像作品として発売が決まった『夜会VOL.20「リトル・トーキョー」』は、2019年1月30日から2月27日まで東京・TBS赤坂ACTシアターで全20回公演行われ延べ2万6千人を動員。

前作『夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」』(2014年11月15日~12月16日全23回公演)以来5年ぶりの最新オリジナル書き下ろし作品である。



歌、ダンス、涙、見どころ満載の公演


真冬の北海道を舞台に険しい山間にあるクラッシックホテル&パブの片隅にある小さなステージ「リトル・トーキョー」で巻き起こる人間の「欲」と「愛」が渦巻く抗えない運命に翻弄される姉妹の物語。

キャストには中島みゆきに加え、渡辺真知子、シンガーソングライターの石田匠、元宝塚歌劇団の植野葉子、香坂千晶、中島みゆきのライブコーラスでおなじみの宮下文一を迎え、さらに“歌”に重きを置いた作品となった。

中島みゆきと30年来のコンビ、もはやレジェンドともいえる名プロデューサー瀬尾一三のアレンジによる圧倒的な歌、ラッキィ池田による振り付けのダンス、コミカルな演技、そして胸が熱くなる涙のシーンなど全32曲の歌唱による見どころ満載の公演となっている。

ファン必見の作品


この目も耳も離せない1時間50分をBlu-rayとDVDに収録した本作は、初見の人でも「夜会」の魅力や世界、ストーリーをわかりやすく堪能できる作品となっており、中島みゆきの歌唱シーンやズームアップされた各キャストの表情など臨場感溢れる映像が多数収録されている。

「リトル・トーキョー」を実際に鑑賞し感動を覚えたファンの方はもちろんのこと、すべての中島みゆきのファン必見の作品である。

「夜会」を観ずに中島みゆきは語れない。



トレーラー映像9/10公開!


今回の発表に合わせて、本作の見どころや魅力をいち早く楽しめるトレーラー映像が公開!

中島みゆきと主人公の姉を演じる渡辺真知子とのデュエット、メインキャスト全員によるタイトル曲「リトル・トーキョー」のミュージカルなダンス。そして、終盤に6声で歌われる「夜会」テーマソング「二雙(そう)の舟」の歌唱シーンなど、物語と歌だけではない魅力満載の作品となっていることが十分にうかがえる必見の映像となっている。

△【公式】中島みゆき『夜会 VOL.20「リトル・トーキョー」』トレーラー動画<ショート Ver.>

ニューシングル特設ページ同時公開!


9月25日に発売するニューシングル「離郷の歌/進化樹」の特設ページも9月10日公開。

こちらは、商品概要はもちろんのこと、特典情報やトレーラー動画、キャンペーンなど商品に関連する情報がひとつにまとまった特別なページとなっている。

最新情報として、販路限定商品の発売なども掲載されているためファンはこちらもぜひチェックしていただきたい。



「離郷の歌/進化樹」特設ページ

中島みゆき「夜会」とは


「夜会」とは、1989年からスタートした30年続く中島みゆきの歌で綴る、中島みゆきによるオリジナル舞台表現である。

2019年、30年でVOL.20(再演含む14作品)まで行われ、およそ46万人を動員。オリジナルアルバム制作、コンサートに次ぐ、中島みゆきのもうひとつの表現活動であり、ライフワークである。中島みゆき本人が、原作・脚本・作詞・作曲・演出、そして主演をつとめるという、世界でも例がない音楽舞台。

天安門事件、ベルリンの壁の崩壊といった世界的にも激動の時代に突入した1989年。『みゆきの「うた」に手が届く』のキャッチフレーズとともに東京・渋谷にオープンしたばかりの文化発信拠点Bunkamura シアターコクーンで「夜会」は産声をあげている。

「夜会」というように当時、開演時間午後8時は画期的で仕事を終えた大人にも楽しんでもらえるステージを意識してスタート。

中島みゆき曰く「言葉の実験劇場」として始まった「夜会」は、当初は既発曲を新しいシチュエーションに置くことで、リスナーにイメージを固定されしまいがちだった楽曲に新たな解釈の可能性を与える試みであった。

その後、演劇色が強まり、古典物語に既発曲を組みこんだ原作が下地にあるシナリオから6作目の「シャングリラ」では完全オリジナルシナリオになり、7回目の「2/2」からは全曲オリジナル楽曲と進化をとげ、現在も中島みゆき自身がメッセージを発信する大人のためのオリジナル音楽舞台表現として昇華し続けている。

まさに中島みゆきのライフワークである。テーマソングは「二雙(そう)の舟」。

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ