姉を泣かせた2歳の弟、お仕置きしようと思ったら予想外の結末に…!【うちの家族、個性の塊です Vol.8】

ある休みの日、小学3年生の娘と2歳の息子を、ショッピングセンター内のキッズスペースに遊びに連れて行ったときのお話です。

そこは大きめのキッズスペースで、いろいろなおもちゃがありました。子どもたちはそれぞれおもちゃへ向かい、少しはなれたところで別々に遊びはじめました。

■積み木で作った娘の力作、母に報告しようとしたところ…
娘は、積み木を高く積み上げる遊びをしていました。


ママ見て~! と娘が私に声をかけた瞬間、息子が積み木に気づき、走ってきました。

そして…


娘が必死に積み上げた積み木を、息子は一瞬で壊してしまいました。


突然の出来事に号泣する娘。

「してやったり」の表情をする息子は、姉に謝らずに走って自分のいた席へ逃げていきました。

■お仕置きしようと思ったら、意外な結末に!?
ちゃんと謝らせなきゃ、と追いかけると…


そこには、たたずむ息子の姿が。

そこで目にしたのは…


さっきまで息子が遊んでいた線路を、ぐちゃぐちゃにする子の姿。

息子はその場に崩れ落ち、号泣…。

偶然にも、さっき自分がやったことを、そのままやられた息子。

「きーしゃんのがぁぁぁぁ!」と泣きわめく息子でしたが、私たちはあえて黙って見守りました。


自分がやったいじわるは、自分に返ってくる…

身をもって知った2歳児でした(笑)

(SAKURA)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ