高橋一生に「普通に笑ってるオフショット珍しい」の声 武田真治&安住紳一郎アナとの3ショットで

TBS系金曜ドラマ『凪のお暇』に出演中の高橋一生と武田真治が、6日放送の『ぴったんこカン・カン』にVTR出演。司会の安住紳一郎アナを加え3人で、奥日光をハイキングする模様がオンエアされた。武田のインスタグラムにはロケ当日に撮影されたスリーショットが公開され、「三人共、すごく素敵な笑顔!」とフォロワーを喜ばせている。

黒木華主演、高橋一生や中村倫也らが共演するドラマ『凪のお暇』。原作の漫画は完結していないため、最終回で大島凪 (黒木)は我聞慎二 (高橋)と安良城ゴン(中村)のどちらと付き合うのか、凪の母で毒親とされている大島夕(片平なぎさ)と娘は分かり合える親子関係を築くことができるのか…どんな展開になるのか注目されている。

同作品では、武田真治がスナック「バブル」のママ役で出演している。鍛え上げられた体にタンクトップ、そしてヒゲ面と濃いキャラだが、慎二が素になって本音で話せる唯一の存在であり、厳しくも優しい良き相談相手である。視聴者からも武田にとってハマり役だと大人気だ。

そんな武田のことを、高橋は『ぴったんこカン・カン』の奥日光のロケで「実は真治さんの大ファンだった」と告白。中学生の頃、武田のクリアファイルを愛用しテストの答案などを入れていたという。特に、ドラマ『NIGHT HEAD』(1992年)に出演していた武田の演技に魅了されたことを明かしていた。

8日の『武田真治 shinji.takeda Instagram』には、一緒にハイキングをした安住紳一郎アナを交えて高橋、武田のスリーショットが公開されている。『凪のお暇』も最終回まであと2回となり、武田は「残りの撮影、頑張ります!!」と意気込みを見せた。

フォロワーからは「3人とも格好良くて楽しくて、最高でした」「一生さんが普通に笑ってるオフショット珍しいですね」といった声のほか、「武田さん、面白すぎて お腹抱えて笑いました。テレビであんなに 笑ったのが久しぶり!」「いろんな場面での気遣いに、きっと真面目な良い方なんだろうなぁという印象を受けました」「武田さんがスナックのママにしか見えません笑」と今回『ぴったんこカン・カン』初出演だった武田の評判も上々のようである。

画像は『武田真治 Shinji Takeda official 2019年9月8日付Instagram「2019.9.6.#TBS『#ぴったんこカンカン』をご覧頂いた皆様ありがとうございました」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ