三浦翔平、矢本悠馬、崎山つばさ、須賀健太が鈴木おさむの手掛けるオリジナルドラマ×舞台プロジェクトに出演決定

SPICE

2019/9/10 12:00


WOWOWオリジナルドラマと舞台が連動したプロジェクト『ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~』の制作が決定した。ドラマの脚本と舞台の演出・脚本を務めるのは、さまざまなヒット番組を生み出してきた鈴木おさむ。WOWOWがオリジナルドラマと舞台の連動企画を手掛けるのは、本プロジェクトが初となる。

本作品は、実在する火星移住計画「マーズワンプロジェクト」に着想を得た、火星を舞台にしたシチュエーションコメディー。2030年、火星移住を実現するために科学者たちは、4人の精鋭たちを火星に送り込み人類の未来を託す。選ばれし4人は、一体どのような職業・性格の人々で、どのような組み合わせがふさわしいのだろうか。

作品の中で“火星への移住者4人”の最適な組み合わせを試行錯誤し、実際に起こりうるかも知れない未来の話として、単なるコメディーにとどまらない知的好奇心をくすぐるシチュエーションコメディーとなっている。2020年1月に放送が予定されており、全6話、総勢24名のキャストについては今後発表される。

舞台版のキャストには三浦翔平、矢本悠馬、崎山つばさ、須賀健太が決定した。人気ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』での好演が記憶に新しい、三浦翔平、TV・映画・CMなどで個性派俳優として活躍する矢本悠馬、ミュージカル『刀剣乱舞』の石切丸役で人気を誇る、崎山つばさ、鈴木おさむとはテレビドラマ『人にやさしく』以来、17年ぶりの再タッグとなる須賀健太、そして舞台版も鈴木おさむが脚本・演出を手掛ける。2020年5月、東京・大阪にて上演を予定しており、舞台版キャストはドラマにも出演する。

鈴木おさむコメント <ドラマ…脚本/舞台…演出・脚本>
鈴木おさむ
鈴木おさむ

今回、プロデューサーさんから、実際に火星に移住するための計画として、4人1チーム、様々な職業の人を住ませるシミュレーションが動き出してると聞きました。それをドラマと舞台の連動でやりたいと。
火星に移住することが、夢ではなくなった時代に、火星を舞台にした1シチュエーションドラマ。
こんな、難しくやりがいのあることはないと燃えました!
案の定、作っていく過程で、とてつもなく苦労しましたが、ありそうでなかったSFスペース人間ドラマになったと思っています。
皆さんも、この四人に選ばれたつもりになって、ご覧ください!

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ