冬の必携品になるかも。ロシアで生まれた「スマホが寒さで故障するのを防ぐケース」

190909muffin2
Image: Victoria Song/Gizmodo US

寒い冬のお供に…。

今年の夏も暑かったですよね。そして、充電式のポータブルファンを片手に、扇風機で涼を取ろうとする人が目立ちました。でも、そうこうしているうちに、あっという間に季節は変わっていくものです。すぐに今度は温もりがほしい季節になりますよ。

このほどドイツで開催されたIFA 2019におきまして、Muffin Computerというキュートなネーミングの企業ブースを発見。なんとロシア製の「Muffin Case」なるスマホバッテリーケースを展示していましたが、寒い冬に暖を取れるんだそうです! 極寒の地では、電子機器が寒くて寒くて動作しなくなるという悲劇と隣り合わせのようですけど、このMuffin Caseに入れておけば、専用アプリで設定した温度の前後に、スマートフォンをぬくぬくとキープしてくれ、寒さで故障してしまうのを防いでくれるんだとか。
190909muffin3
Image: Victoria Song/Gizmodo US

Muffin Caseの販売価格などの詳細は、まだ一切明かされていないそうですけど、それほどゴツいケースではなく、通常のバッテリー内蔵タイプのスマホケースと変わりません。ただスマートフォン周りの温度を暖かくキープしてくれるだけでなく、普通に給電機能もついているので、暖めながらだと最長6時間のバッテリー充電が可能です。冬にスマホを指先で操作するのって、意外に本体が冷たくてツラいものですよね? でも、このMuffin Caseがあれば、スマホから温もりを感じられる、ちょっとしたカイロのような機能を備えられそうですよ~。

なお、なぜマフィンなのかというと、いつでも新鮮で楽しい気分にしてくれそうなネーミングがよかったのだと、IFAのブースの方が話してくれました。もうちょっとポップでキュートなデザインに仕上がって、ポータブル扇風機並みの冬のヒット商品に育ってくれるといいでしょうかね。まだ商品化に向けて、スポンサーを募集中のようではありますけど。

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ