ベッキー、宮迫博之の代打で「アメトーーク!」出演もブーイング殺到!

アサジョ

2019/9/10 10:14


 9月5日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、謹慎中の雨上がり決死隊宮迫博之の代役として出演したタレントのベッキーに強烈なヤジが集中する事態となった。

反社会的勢力への闇営業をめぐる騒動によって宮迫は依然として「アメトーーク!」はおろか、芸人としての活動から遠ざかっている状態が続くが、同番組は相方の蛍原徹をはじめ、有吉弘行などを臨時MCとしてローテーションすることでなんとかトーク番組としてのクオリティをキープしてきた。

だが、5日放送の“こち亀好き芸人”の回で宮迫の代打としてゲスト出演したベッキーには猛烈な逆風が吹くこととなり、「何故わざわざこのキャスティング…」といった疑問が寄せられている。

「この日はベッキーの他に吉本興業の先輩である東野幸治も代打席に座りましたが、世間が憤りを示したのはやはりベッキーの起用で、かつてミュージシャンと不貞愛に走った際のマイナスイメージが現在でも足かせとなっているようです。ベッキーは長年にわたってプライベートでも宮迫と親しく、夕飯を共にする仲でもあるので、彼を救いたい気持ちで代打を引き受けたのかもしれませんが、ネットからは『宮迫の代わりにベッキーとかどんだけ炎上狙ってんだ』『誰が求めてるわけ?』『ベッキーは好感度最悪だから無理』との怒りの声が。また、テーマとして取り上げた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の熱心なファンかといえばそうでもなく、『ベッキーがこち亀にすごく興味がないのは分かった』『なんでこち亀にベッキー?』『ベッキーじゃなかったらもっと面白かった』という指摘もあります」(テレビ誌ライター)

番組サイドとしては、場を上手く回すことのできる東野を宮迫の代役に据えたつもりだろうが、隣のベッキーが悪い意味で大きな注目を集めてしまい、謹慎中の宮迫も複雑な胸中かもしれない?

(木村慎吾)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ