カニそのままのほぐれ感!愛され続けて40周年を迎えるカニかま『オホーツク』の魅力を検証!



日本の食卓には欠かせないかまぼこ。その中でもカニかまは、カニの代用だけではなく、彩りや有効なたんぱく質補給食品として、様々な料理にも用いられる便利な加工食品だ。スーパーなどで一度は見かけたことがあるかまぼこの老舗である、いちまさのカニかま『オホーツク』が40周年を迎え、新しいパッケージで登場したという。40年愛されているロングセラー商品のカニかま。その魅力を再確認してみたい!


■ロングセラーのカニかま『オホーツク』が高級感ある新パッケージに!

一正蒲鉾株式会社(新潟県新潟市)は、昭和40年創業のかまぼこの老舗メーカーだ。スーパーなどで見かけたことのある「サラダスティック」や、ちょっと変わったうなぎの蒲焼風のかまぼこ「うな次郎」など数々のヒット商品を産み出している。

含気包装によりふっくらジューシー

『オホーツク』(税抜価格263円・125g(1本約12.5g当たり10kcal)・2019年7月上旬より40周年記念パッケージにて発売中)は、ズワイガニをイメージした味とほぐれ感が特徴のスティックタイプのカニかまだ。ズワイガニのペーストを使用して、ふっくらジューシーに仕上げている。

見た目にもカニっぽい

カニの赤い色味にはトマトリコピンを使用し、カルシウムをプラス。保存料を使用していない点も安心だ。

トマトリコピンで着色。天然の色素を使用している。

新パッケージには、ひと目で40周年とわかるように「40th Anniversary」の文字を配置。金色を使うことで、少し高級感がある。

40周年と分かりやすいデザイン


美味さ再認識!濃い味の『オホーツク』はシズル感がハンパない!


外しやすい個包装

まずはそのままで食べてみたい。個包装から、みずみずしいカニかまがするりと出てきた。かまぼこなのに、シズル感がある!

みずみずしさのあるカニかま

口に入れると、塩味が効いたジューシーなカニの風味が広がる。噛むとホロリとほぐれる、カニさながらの歯ざわりが心地良い。

ほろりとほぐれる食感がカニのよう!

他のカニかまより旨味が濃いため、塩気が効いているように感じる。酒のつまみにも最適だ。1本10kcalなので、一袋完食しても100kcalとヘルシー!

ずわいがにのペーストも使用」している

記者の家庭では、カニかまは子供の頃食卓によく登場し、キャベツやキュウリと一緒にマヨネーズで和えるのが定番だった。自分で料理をするようになると、オリーブオイルとハーブソルトでも味付けをするが、やはりマヨネーズとの相性は抜群だ。


『オホーツク』×マヨネーズ×チーズトーストで簡単アレンジに挑戦!

まずはバターを塗って

そのままで十分美味しいカニかまだが、焼いてみた食感はどうか試してみる。今回は、トーストにして食べてみよう。

すでにおいしそう!バターを塗った食パンに、『オホーツク』を敷き詰める。

マヨネーズをかける

チーズをのせて

その上に、さらにマヨネーズをかけて、最後にとろけるチーズをたっぷりと乗せて準備完了。



あとはいつも通りトースターでこんがりするまで焼くだけ!

カニマヨトーストの出来上がり!いい香り!

焼くと少し弾力が増すのでホロリとは崩れないものの、味がぎゅっと凝縮されて、チーズやマヨネーズと合わせても風味が負けない!

焼くと更に濃い味に!

カニかまはだしとの相性も良いので、記者はだし巻き玉子によく入れる。ほぐしたカニかまと、小葱、だしをたっぷり入れて焼き上げるだけ。火を入れ過ぎないのがポイントだ。『オホーツク』で作ってみると、噛んだ時にみずみずしさがある。ジューシー感があり、カニの風味が残るしっかりした味わいになった。

1袋美味しく完食!
ロングセラー商品である『オホーツク』は、どんな料理でも存在感を発揮しおいしさをプラスする濃い味のカニかまだった!
今年40周年を迎えるに当たって、新パッケージの他にも、特設ホームページを公開。誕生秘話や、製造工程が楽しめる。9月13日(金)からはSNS キャンペーンを実施するなど、1年にわたって感謝企画を予定しているという。『オホーツク』の購入はオンラインショップや、各スーパーで可能なので、公式ページをチェックしてみて!


当記事はおためし新商品ナビの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ