佐藤健の慟哭が胸を打つ 『ひとよ』予告編到着

クランクイン!

2019/9/10 07:00

 俳優の佐藤健が主演を務め、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子を共演に迎える白石和彌監督最新作『ひとよ』より、本予告が解禁された。佐藤が顔をくしゃくしゃにして泣き叫ぶ熱演を見せているほか、音尾琢真、筒井真理子、MEGUMI、佐々木蔵之介ら豪華キャスト陣の登場シーンも初披露されている。

【写真】映画『ひとよ』主演の「佐藤健」フォトギャラリー

本作は、劇作家・桑原裕子率いる劇団KAKUTAの同名の舞台作品の映画化。ある事件をきっかけに離散した一家が、15年後に再会し、絆を取り戻そうとする姿を描く。主演の佐藤のきょうだい役を鈴木と松岡、母親役を田中が務める。

どしゃぶりの雨降る夜、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中)は、愛した夫をあやめた。それが最愛の子どもたちの幸せと信じて。その日から家族は心の傷を抱えたまま別々の人生を歩んできた。東京でフリーライターとして働く次男・雄二(佐藤)。町の電気店に勤務する長男・大樹(鈴木)。美容師の夢を諦めてスナックで働く末っ子の妹・園子(松岡)。そんな三兄妹のもとに、15年ぶりに母・こはるが帰ってくる―。

本予告は、15年越しの再会にもかかわらず、雄二がこはるに「子供たちの人生がめちゃくちゃになってるとき、何しに帰ってきたんですか?」と痛烈な問いを浴びせかけるシーンで始まる。稲村家で営業していたタクシー会社を受け継ぎ「稲丸タクシー」として切り盛りする社長の丸尾進(音尾)や事務員の柴田弓(筒井)は、子どもたちのため夫を手にかけてしまったこはるを「何も悪くないよ」と肯定。こはるの帰りを15年間待ち続けた園子も「お母さんはあの人から私たちを助けてくれたんじゃん!」と必死に叫ぶ。

しかし、稲丸タクシーの事務所には事件のゴシップ記事が大量に張り付けられ、新人ドライバー・堂下道生(佐々木)はハンドルを握りながら絶叫し、園子が雄二につかみかかるなど、こはるの帰還により何やら不穏な様子も…。

一方、吃音(きつおん)が原因でコミュニケーションが苦手な大樹は、妻・二三子(MEGUMI)との関係がうまくいっておらず、15年前の事件も引きずり苦しい日々。こはるを許すことができずに家族の元を離れ、東京でしがないフリーライターとして働く雄二は「散々嫌な思いしてきたんだから、飯のタネにして何が悪いんだよ」と悪態をつく。「自分のしたことを疑ったら、子供たちが迷子になっちゃう」と漏らすこはる。全てを狂わせた夜から15年、3兄妹は複雑な思いを抱えながら、こはると向き合うことになる。

映像には「どっからやり直したらいいのか教えろよ!」と顔をくしゃくしゃにして泣き叫ぶ佐藤の熱演も収められており、新鮮な無精ひげ姿と共に新たな一面を垣間見ることができる。

映画『ひとよ』は11月8日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ