中井貴一×佐々木蔵之介『嘘八百』シリーズ第2弾、ポスター&特報解禁

クランクイン!

2019/9/10 07:00

 俳優の中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務めるコメディ映画『嘘八百』シリーズ第2弾のタイトルが『嘘八百 京町ロワイヤル』に決定したことが発表され、併せてポスタービジュアルと特報映像が解禁された。

【写真】シリーズ第1弾『嘘八百』フォトギャラリー

昨年公開されたシリーズ1作目『嘘八百』は、茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、大物狙いで空振りばかりの目利き古物商・小池則夫(中井)と、腕は立つのに落ちぶれくすぶっていた陶芸家・野田佐輔(佐々木)がタッグを組み、家族や大御所鑑定士、文化庁をも巻き込んで幻の利休の茶器で一攫千金を狙うという物語だった。

続編となる本作では、再会した則夫と佐輔が、数知れぬお宝が眠る京都と堺を股にかけ、利休の茶の湯を継承し「天下一」と称された武将茶人・古田織部の幻の茶器をめぐり、再びタッグを組む。2人と幻の茶器に深く関わってくる着物美人の志野を広末涼子が演じる。監督は前作と同じく武正晴。脚本も引き続き今井雅子、足立紳によるオリジナル脚本となる。

今回解禁されたポスターは、「京町ロワイヤル」というサブタイトルに呼応するかのように、「007」シリーズを意識した茶目っけたっぷりの仕上がり。中井演じる小池と、佐々木演じる野田の骨董コンビがジェームズ・ボンドさながらのりりしい表情で立ち、その傍らにはボンド・ガールを彷彿とさせる美しい着物姿の広末演じる橘志野が寄り添う。そして、その後ろには「007」ならぬ「800」の黄金のタイトルロゴと「お宝の都より愛を込めて」のキャッチコピーが添えられている。冴えない2人が、ハリウッド映画の主人公ばりの大活躍をしてしまうのか、物語の展開に興味がそそられるポスターとなっている。

特報映像は、相変わらずうだつの上がらない古物商の則夫のもとに、父の形見の茶器をだまし取られたという京都の着物美人・志野が相談に来るシーンから始まる。なんとそれは、5000万円は下らないと言われる、千利休の弟子にして「天下一の武将茶人」と称された古田織部の幻の茶器「はたかけ」だった。美人の志野にほだされた則夫は、同じく彼女の魅力のとりこになった陶芸家の佐輔とコンビを再結成。今度は「ひと儲け」ならぬ「ひと助け」のため、かつての仲間たちとともにお宝大作戦を決行するも、それはやがて京都の街を巻き込んだ大騒動に発展していく。

映像には中井、佐々木、広末に加え、前作から引き続き出演する佐輔の妻・康子役の友近、則夫の娘・いまり役の森川葵や、新キャストの有名古美術店の店主・嵐山役の加藤雅也、大御所鑑定家・奥野役の竜雷太、人気の陶芸王子役の山田裕貴らも登場している。

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』は2020年1月より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ