小倉智昭氏 N国党首立花氏の言動は「国会議員としてはちょっと下品」

 キャスターの小倉智昭氏(72)が10日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に生出演。NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)の動画投稿サイト「ユーチューブ」での訴えに対し、「国会議員としてはちょっと下品」と批判した。

 立花氏は9日、国会内で記者会見を開き、警視庁から脅迫容疑で事情聴取を受けたと明らかにし、「今直ちに辞めることはしない」と述べ、有罪となった場合には議員辞職する考えを示した。

 立花氏は東京都中央区議の二瓶文徳氏に言及した動画を巡り、月島署から任意で聴取を受けた。N国関係者によると、二瓶氏は春の統一地方選に同党公認として当選したが、6月に党側との金銭トラブルで除名になった。立花氏は「裏切り者。人生をつぶしにいく」「俺はしつこいぞ、これからもやり続けるぞ。街中歩けなくしてやる」などと非難する動画を、7月3日に動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿し、議員辞職を迫っていた。これを受け、二瓶氏が被害届を出したという。

 こうした流れを紹介したうえで、小倉氏は「ユーチューブは議会じゃないからね。国会議員としてはちょっと下品かなと思いますけどね」とバッサリ。女優で脚本家の中江有里(45)も「常に注目されること自体がメッセージを発信し続けている力」と理解しつつも「議論は目の前にいる人と話をするのが議論。言い方はキツイ。二瓶氏に対して、批判するというのはいいにしても、ちょっと言葉でおとしめるようなやり方は政治家としてどうなのかなと思う」とコメントした。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ