高橋一生&蒼井優、美しすぎるキスシーン…18年ぶり共演で初の夫婦役


俳優の高橋一生が主演、蒼井優がヒロインを務める映画『ロマンスドール』(2020年1月24日公開)の特報映像が10日、公開された。

同作は『百万円と苦虫女』などで知られるタナダユキ監督の小説を、監督自ら実写化。美人で気立てのいい園子(蒼井)に一目惚れして結婚した哲雄(高橋)は、久保田商会という会社でラブドール職人としてドールを作っていることを隠し続けていた。哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていたが、いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける。

公開された特報では、18年ぶり2度目の共演となる高橋と蒼井が初の夫婦役に挑み、ベッドで見つめ合いながら美しく儚いキスシーンを見せる。愛し合う中で交わされる、「……どういう夫婦になりたかった? 私はね、なんでも言い合える夫婦になりたかった」「なにが言いたいの……?」という物憂げな会話。そしてそれぞれの目線から対照的に添えられた、「妻を愛して“嘘”をついた」「夫を愛して“秘密”を持った」という印象的なメッセージが映し出された。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ