ジャガー・ランドローバーが「3Dディスプレイ」を開発中

TABILABO

2019/9/10 06:00


8月20日、ジャガー・ランドローバーが新たなヘッドアップディスプレイを開発中だと発表した。フロントガラスに進路案内や警告文字を投影する予定だ。

正しい位置に投影するにはドライバーの目の動きなどを測定する必要がある。それを応用すると、同乗者には別の3D映像を見せることができ、映画やドラマを楽しめるようになるらしい。もちろん、3Dメガネを着用する必要などはない。

昨今、各メーカーが自動運転車の普及を見越して、車内での快適性を追求している。ヘッドアップディスプレイの開発に成功すれば、ジャガー・ランドローバーは一歩抜きん出た存在になるかもしれない。

Top image: (C) Jaguar Land Rover

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ