桂文珍 演目に闇営業問題!?「台風一過、雨降って地固まるという気持ち」

 落語家の桂文珍(70)が9日、芸歴50周年を迎える来年、東京・国立劇場で行う20日間独演会(2月28日~3月24日)の発表会見を都内で行った。

 日替わりゲストを迎え、自身は古典から創作まで計40演目を披露する。所属の吉本興業の闇営業問題について「その話題も『スマホでイタコ』という演目に入れてある。アプリで、反社の人に会うと警報が鳴る」とニヤリ。最後は「長いことやってますんで、いろんな時代を越えてきてます。台風一過、雨降って地固まるという気持ち」と貫禄を見せた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ