Webブラウザ「Vivaldi」に初のAndroid版、ベータ提供開始


Vivaldi Technologiesは9月9日、同社のWebブラウザ「Vivaldi」初のAndroid版を提供開始した。Android 5.0以降の端末に対応したベータバージョンで、Google Playから無料ダウンロードできる。

2015年1月にPC向けWebブラウザとして誕生した、高速性やカスタマイズ性の高さが特徴の「Vivaldi」。リリースから4年8カ月を経て、今回モバイル版が登場した。機能の多くはデスクトップ版を引き継ぎ、「デスクトップ版と同じ感覚で利用できるものを目指した」という。

主な機能としては、ホーム画面にWebページのショートカットを置く「スピードダイヤル」、テキストでメモを残してVivaldi同士で同期できる「メモ」、検索エンジンの頭文字を検索ワードの前に入力してエンジンを切り替える「検索エンジン切り替え機能」、ログイン情報やCookie、閲覧履歴などを残さない「プライベートタブ機能」など。このほか、画面外も含むページ全体のスクリーンショットを撮影する機能や、記事をテキストベースで簡易表示する「リーダービュー」なども用意する。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ