「フェアリーゴーン」第2クールの本PV公開 安元洋貴演じる新たな強敵イージェイ登場

アニメハック

2019/9/9 22:00

(C)2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会
 TOKYO MXほかで10月6日からスタートする「Fairy gone フェアリーゴーン」第2クールの本プロモーションビデオが公開された。

映像は、主人公のひとりマーリヤ・ノエル(CV:市ノ瀬加那)による「復讐しても過去は変わらない」というセリフからスタート。マーリヤと幼なじみで暗殺者のヴェロニカ・ソーン、違法妖精取締機関「ドロテア」に所属するフリー・アンダーバーと、かつてともに戦いテロリストに堕ちたウルフラン・ロウたちを軸に、五公のレイ・ドーンが襲撃を受けるシーンや「ドロテア」が人工妖精と戦う姿などが描かれている。

本PVにも登場した新たな強敵、マフィア組織グイ・カーリン四大幹部のひとりイージェイ・ダーヴェン・ソー役を安元洋貴が演じることも明らかとなった。イージェイはグイ・カーリンの“目”と称される男で、妖精武器「モルテラント」とともに「ドロテア」の前に立ちはだかる。

同作は、不思議な力を持つ妖精を操る“妖精兵”が存在する世界を舞台にしたオリジナルアニメ。かつてイースタルド全土を巻き込んだ統一戦争の終結から9年後、「ドロテア」第一部隊に配属されたマーリヤは、幼なじみのヴェロニカの行方を追いながら元妖精兵の隊長代理フリーとともに、犯罪者たちと対峙していく。今年4~6月に放送された第1クールは、戦争の功労者“五公”のひとりシュヴァルツ・ディーゼによる反乱の終息で幕を閉じ、第2クールでは本作の世界観やキャラクターに秘められた謎のすべてが明らかとなる。

9月29日に東京・TOHOシネマズ日比谷で開催される、プレミアム上映イベントの先行抽選プレリザーブもチケットぴあで受け付け中。期間は9月11日までで、価格は4000円(税込み)。イベントに出演するマーリヤ役の市ノ瀬は「1クール目で散りばめられていた伏線の回収がいよいよです! 1話1話がさらに濃厚になってます」と第2クールの見どころを語っているほか、当日登壇するフリー役の前野智昭、ヴェロニカ役の福原綾香、ウルフラン役の細谷佳正、セルジュ・トーヴァ役の中島ヨシキ、クラーラ・キセナリア役の諏訪彩花のコメントも公式サイト(https://www.fairygone.com/news/news_0906_03.php)に掲載されている。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ