田村淳、大学院進学に前向きコメント 「勇気もらった」「応援したい」

しらべぇ

2019/9/9 20:00




慶應義塾大学の通信課程を辞め、同大学の大学院へと進学したロンドンブーツ1号2号・田村淳。勉学に対する熱量が話題となり、淳のツイッターアカウントには日々応援の声が寄せられている。

■諭吉像の前で決意


淳は9日に自身のツイッターを更新。『感謝』というタイトルを掲げ、「大学院進学で色々な意見を頂きますが、全てありがたく拝見させて頂いてます」と応援の声に対する感謝を綴った。

他にも「慶応の教授は新しい考えかたや物の見方を提示してくださる」「通うことに理解を示してくれたスタッフや家族にも感謝」ともコメントしており、周囲の人々にも深く感謝している様子。




関連記事:ロンブー淳、慶應大通信課程に入学 「番組の企画じゃないなら応援したい」との声

■応援とツッコミの声


福沢諭吉像の前で撮られた写真とメッセージを受け、ネット上では…

「新しいことを学ぶこのに、年齢は関係ないですよね。勇気をもらいました」


「どんどん色んなことに挑戦する人は応援したくなる」


「大人になってから新しいことを学ぶのはとても大変だけど、頑張ってほしい!」


といった声が相次いでいる。また一緒に写っている娘の顔に『獣神サンダー・ライガー』のマスクが貼りつけられていることに対し、「いつからお子さんは獣神になったんですか?」とツッコミの声も多数寄せられていた。

■日々新しいことに挑戦


今年6月には『株式会社がちキャラ』を設立したりと、チャレンジを続ける姿勢を崩さない淳。しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,363名を対象とし、「人生について」の調査を行なった。

調査の結果、「何か大きなことをしてみたいと思っているほうだ」と回答したのは全体の23.0%と判明。性年代別の回答を見ると、全年代を通じて男性のほうがチャレンジ意欲が高い傾向にあることが伺える。



進学に対し、マスコミから執拗な取材を受けた過去もある淳。周囲の目を気にせず、自分が本当に進みたい道を選択してほしい。

・合わせて読みたい→ロンブー淳、加藤浩次の行動に「僕は感謝しかない」 共感の声が続出

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ