告白の憧れシチュエーションで告白成功率UP!

ハウコレ

2019/9/9 20:00



「意中の男性に告白しようと思っていますが、どんなシチュエーションで告白すればいいのか、どんな言葉で伝えればいいのかなどわからないのです。」と、悩む女性がいます。

そこで心理カウンセラーが、告白成功率UPのシチュエーションを、場面毎に分けて詳しくご紹介していきたいと思います。告白しようと思い、悩んでいる女性は必見です!

■告白するときの人気シチュエーション


まず、告白するときの人気シチュエーションから、詳しくご紹介してまいります。

■告白のシチュエーション【ロマンチックな場所】
告白のシチュエーションとして、やはり【ロマンチックな場所】は王道で外せないでしょう。それも夜のほうが、気分も躍動的な日中に比べ静寂な気分になるからです。しがって夜景が綺麗なシチュエーションが、人気でおすすめです。

しかし、夜景が綺麗な定番のスポットはカップルがたくさんいるので、自分で見つけた夜景が綺麗な場所がポイントになります。告白しようと思ったら、まずはどこの夜景の綺麗な場所で告白するかリサーチしておくことが必要です。

■告白のシチュエーション【別れ際】
告白のシチュエーションとして、【別れ際】に、不意に告白もアリですね。遊びに行った帰り際に、男性の少し大きな袖を引っ張り恥ずかしそうに告白もいいです。「ちょっと、まだ帰りたくない!一緒にいたい!」と、恥ずかしそうに切り出してもいいかも知れません。

相手の男性も「なんだ!なんだ⁈」と、ビックリしながらも、その先を想像しながら悪い気はしないでしょう。そして、その続きをしっかり聞いてくれると思います。そこまで言われた男性は、遊びにいくぐらいの仲なので、友達から先の展開が考えられるでしょう。

■告白のシチュエーション【呼び出し】
告白のシチュエーションとして、普通の日の夜に【呼び出し】をして少し歩きながら告白するのも、さり気ないようでいてどこか特別感があり良いですね。

相手は突然呼び出され何事かと思うかも知れませんが、ふたりで歩きながらいつもと違う女性の様子に「特別なことを言われそう!」と予感すると思います。

そのとき目にした景色が綺麗に写るか否かは、相手の反応次第でしょう。彼女のいない男性であれば、OKを出しつつ手をつないでくれるかも知れません。そのまま手をつないで歩き、屋台のラーメンを食べたりするのも、忘れられない思い出になりそうですね。

■告白のシチュエーション【公園】
告白のシチュエーションとして、夕方の【公園】で、まったりとした雰囲気のときに告白も面白いですね。一日遊び疲れ歩き疲れたときに、夕方の公園のベンチでゆっくり過ごしているときに告白も、その場の空気がいい意味で、一気に変わると思います。

いままでのまったり感から緊張感に変わり、相手の男性も座り直すことでしょう。夕方の公園は誰も居なくて、告白しやすく落ち着いて聞きやすくもあると思います。場合によっては、抱きしめてくれるかも知れませんね。

■告白のシチュエーション【観覧者の中】
告白のシチュエーションとして、【観覧者の中】での告白も、ドラマチみたいでいいすね。観覧車は遊園地でなくてもある場所が多いでしょう。夕焼けや夜景を見ながら、観覧車の中の狭い空間でも遠くまで見渡せ、まさにドラマチックな告白が想像できますね。

観覧車が一番高い所まで上がったときに、薄暗くなっていくと同時に夕焼けに照らされ、ふたりの気持ちも急上昇。男性は告白に応えるかのように、女性を抱きしめキスまでしてくれるかも知れません。まさにテレビドラマや映画のワンシーンですね。

■告白されたいイベントシチュエーション


次に、告白されたいイベントシチュエーションを、詳しくご紹介していきます。

■誕生日に告白
告白されたいイベントシチュエーションとして、誕生日に告白は王道中の王道で、相手にとっては特別な日で、なにか起きても不思議ではないと思っているのです。むしろ彼女のいない男性は、なにか起きてほしいとさえ思っているでしょう。それだけ男性も誕生日に、期待をしているところがあるのです。

その期待しているときに、誕生日プレゼントと共に告白をすれば、特別嫌いな女性ではない限り「待ってました!」とばかりに乗ってくるでしょう。普段のときよりハードルが下がり、相手も受け入れやすくなるのです。直ぐにでもOKが出そうな気がしますね。

バレンタインデーに告白
告白されたいイベントシチュエーションとして、もちろんバレンタインデーに告白はアリです。女性から告白の日でもあるのですから、使わない手はないですよね。心を込めた手作りのチョコレートと一緒に告白はしやすいと思います。

サプライズもいいですが、渡す約束をしておいてからのほうがいいでしょう。そうすることで相手も「俺に気があるんだな!」と、少なからず期待をすると思います。しかし義理チョコの場合もあるので半信半疑でもあるでしょう。

ですから、渡すときはあえて「義理チョコではないです!」と、言って渡すだけではなく、ちゃんと告白をするといいでしょう。なぜなら、この日は競争相手もいることを忘れてはいけません。渡しただけなら、意中の男性に伝わるものが希薄過ぎます。

ほかの女性もその男性のハートを射止めようと、躍起となって作戦を練ってくることが考えらるのです。真剣に告白をして負けたのならしょうがないですが、想いを伝えきれずに負けるのは悔しいことですよね。

■七夕に告白
告白されたいイベントシチュエーションとして、お祭りや花火大会、七夕に告白もおすすめです。周りの華やかさと躍動感でテンションも上がりますよね。いつもカジュアルな装いばかりの女性も、このときばかりと浴衣を着て髪もアップにして出かけましょう。

見違えるような女性のその浴衣姿を見ただけでも、相手は眩しく女性を見つめると思います。そんなとき花火が上がると共に告白してみましょう。

聞こえなくて男性は「え?なに?」と顔を近付けてくると思います。そのとき相手の耳元に内緒話をするようにささやきましょう。

そんな仕草にも相手もキュンとさせられ、思わず手を繫ぎながら、もう抱きしめたくなることでしょう。

■海水浴で告白
告白されたいイベントシチュエーションとして、海水浴や川遊び・プールなどで告白も良いと思います。いつもと違う環境の下で開放的になるとともに、夏の日差しと女性の水着や薄着のスタイルが眩しく映ることでしょう。そのように女性に釘付け状態のときに、告白いいですね。

告白された男性はさらにドキドキで、もうどうしていいか分からないほどだと思います。彼女がいたとしても間違いが起こりそうです。当然ですが告白する前に、彼女の有無は調べておく必要があります。

■コンサートで告白
告白されたいイベントシチュエーションとして、コンサートで告白もアリですね。ふたりのお気に入りのアーチストで盛り上がり、気分もハイテンションになったところで、勢いに任せて告白。こんなときだから、もちろんOKの返事と共に抱き合っていると思います。

お気に入りアーティストのコンサートで、最高に盛り上がったあとの告白は、余韻がまだ冷めやらず勢いでOKも出るのです。さらにコンサート後の夜は格別で、そんなときの告白は、一生忘れられない思い出を残すことでしょう。

■告白のシチュエーションの季節


続いて、告白のシチュエーションの季節を、詳しくご紹介します。

■告白のシチュエーション【春】
告白のシチュエーションの季節【春】は、出会いの季節なので新たに恋が芽生え告白のシーンも多くなることでしょう。またお花見の季節でもあるのであえて夜、ドライブをして夜桜を見ながらの告白も、圧巻の美しさの中、夜桜に後押しされるかのような告白に、震えが止まらなくなりそうです。

その夜桜と女性の震えながらの告白に、相手もキュンキュンさせられ告白の途中でも抱きしめられるかも知れません。夜桜をバックにふたりがひとつに重なるところは、映画のワンシーンのようです。女性としてはこんなシチュエーション、夢のようで憧れますよね。

■告白のシチュエーション【夏】海
告白のシチュエーションの季節【夏】の海は、海水浴やナイトプールでのいつもと違う雰囲気の水着姿は、灼熱の太陽にも負けないほど眩しく、ナイトプールでは妖艶な美しさに目を奪われるほどでしょう。こんなときの女性の告白は、告白をさえぎられ男性の方から告白されることも考えられます。

また【夏】は祭りが多くここでもまた、いつもと違う雰囲気の浴衣姿に髪はアップのうなじにドキッとさせられ、相手も息を飲むことでしょう。この時の女性からの告白はに、男性も抱きしめながら「もう放したくない!」と思うかも知れません。花火の夜に絵になるような光景が想像できますよね。

■告白のシチュエーション【秋】ライトアップ
告白のシチュエーションの季節の【秋】ライトアップは、やはり紅葉ですね。日中に見る紅葉も良いですがライトアップされた紅葉も綺麗ですよね。夏から秋に向かいどこかもの悲しさがある中での見事な紅葉に、気持ちも高揚しそうです。

さらにライトアップされた紅葉は、周りの暗さに比べ赤が際立ち何とも言えない雅な美しさをかもし出していると思います。やはり夜の紅葉のほうが告白に適しているでしょう。

このときの女性からの告白は、気品に満ちた告白のようで、決して嘘偽りのない心からの想いのように感じ取れると思います。

相手もバックの目を見張る美しさと嘘のない告白に、いい加減なことではいけないと、しっかり受け止めてくれることでしょう。

■告白のシチュエーション【冬】イルミ
告白のシチュエーションの季節【冬】は、クリスマスの大イベントがあり、イルミネーションが綺麗な季節でもあります。このイルミネーションも年々煌びやかになり、そのシチュエーションでの告白も、最高にロマンチックな感じでしょう。

このイルミネーションの告白は、クリスマス前にしておきたいものです。なぜなら、当日まで延ばしていたら、相手に違う約束が入りかねないからです。クリスマス前に告白をしてクリスマスはふたりで過ごすのが理想ですよね。

さらに冬はスノボーなどの、ウインタースポーツがあります。純白の雪の中の告白も悪くはないと思います。高校生や大学生が、雪だるまを作ったりしての告白も可愛いですね。

■告白のシチュエーションで言われたい言葉


それでは、告白のシチュエーションで言われたい言葉を、ご紹介します。

■告白で言われたい言葉【大好きです】
告白で言われたい言葉【大好きです】は、『好きです』に『大』が付くことでさらに上をいく言葉なのです。言われるほうも確かに『好きです』より【大好きです】の方が響き方が違いますね。

また『好きです』より【大好きです】の方が可愛い感じがします。【大好きです】と言われた男性は、舞い上がることでしょう。

■告白で言われたい言葉【好きになっちゃった】
告白で言われたい言葉【好きになっちゃった】は、過去形の言葉でずっと前から好きだったと言うことまで秘めています。過去形にするだけで「長いこと思い続けていました」と、いうことになるのです。

告白された男性は「そんなに俺のこと、想ってくれていたんだ!」と、いままでさほど思っていない女性であっても、心を動かされることもあるでしょう。

■告白で言われたい言葉【こんなに好きになったのは初めて】
告白で言われたい言葉【こんなに好きになったのは初めて】は、最後に【初めて】を付けることで「初めての男性なんだ!」と、自分だけに特別感があるようで、男性は女性から言われる【初めて】が好きなのです。

会話の中にも「わー!嬉しい!こんなの初めて!」と言うだけでも男性は喜びます。このように男性は、やたらと初めての男性になりたがるのです。

■告白で言われたい言葉【私を幸せにしてほしい】
告白で言われたい言葉【私を幸せにしてほしい】は、草食系男子は特に嬉しいでしょう。普段あまり頼りにされていないので、【私を幸せにしてほしい】は頼りにされてるようで、男性は嬉しいのです。男心をくすぐるのでしょう。

最近はリーダーシップを取り、頼りがいのある女性もたくさんいますが、本能的に女性は男性に守られたいと思っているのです。

そして男性は本能的に強くありたいと願い、女性から頼りにされることが非常に嬉しいと思います。自分が優位に立てると思ったりもするのです。

■告白で言われたい言葉【彼女になりたい】
告白で言われたい言葉【彼女になりたい】は、具体的で現実的な想像ができるからいいですね。【彼女になりたい】は、付き合うかどうかになるので、話しは先に進みやすいと思います。相手も返事がしやすく、彼女がいれば「ごめん!もういるんだ」と、断りやすくもなるでしょう。

【彼女になりたい】は、話しが早く、駄目なら次に切り替えやすくもなると思います。その点も後を引かず、サッパリしていていいですね。

■告白のシチュエーションで残念な場所


さらに参考までに、告白してほしくない場所まで、ご紹介しておきます。

■告白してほしくない場所【居酒屋】
【居酒屋】は、お酒が入っている状態で、周りもうるさく話し声が聞こえ辛く、告白には不向きな場所です。せっかく意を決して告白しようとしたとき、話し声が聞こえなくては、まったく話しにならないでしょう。

■告白してほしくない場所【うるさい店】
【うるさい店】は、カラオケやゲームセンター・パチンコなどの雰囲気の無い場所は、ほかの雑音が大きくまったく不向きな場所です。こちらも話し声が聞こえ辛く、大きな声でしゃべらなくてはならず、とても告白など考えられないと思います。

■告白してほしくない場所【周りに大勢の人がいる】
【周りに大勢の人がいる】場所は、飲み会や食事会など周りに知っている人がたくさんいるところでは、告白されるほうは嫌だと思います。恥ずかしい以前に、告白の大事な場面に外野は入れたくないですよね。

■告白してほしくない場所【移動中】
【移動中】は、電車やバス・車での移動中には、告白のような重要な話に向かないのは当然のことです。落ち着いて聞ける体制にないと思います。告白するにはタイミングが必要で、このタイミングを考えられない人はお断りされるでしょう。

■告白してほしくない場所【LINEなど】
【LINEなど】は、文字での告白は相手にとって、どんなに好きだと言われても手抜きをしている感じが強く、伝わるものが半減してしまうでしょう。

■告白のシチュエーションのまとめ
いままで、女性が告白するときに成功率UPのシチュエーションについて、場面毎に詳しくご紹介してまいりました。さまざまなシチュエーションがありましたが、どんなシチュエーションも言葉やタイミングによっては、ニュアンスが変わってきます。

シチュエーションにだけ頼るのではなく、心を込めた言葉やタイミングがポイントになることも忘れないようにしましょう。(HIKARI/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ