またしてもメーガン効果! 「J.Crew」のデニムドレス&セーターブレザーが完売

現地時間7日、英王室メーガン妃がニューヨークで開催された「全米オープン」女子シングルス決勝の試合会場を訪れた。妃が「J.Crew」のデニムのベルト付きシャツドレスにセーターブレザーを羽織った秋らしい装いで登場すると、どちらのアイテムもほどなくしてソールドアウトとなり、再び“メーガン効果”の強さを見せつけている。

英時間未明まで「全米オープン」の中継を見守り、親友セリーナ・ウィリアムズ選手が決勝進出を決めた直後にフライトを手配、そのまま午前の便でロンドンからニューヨークへ向かったメーガン妃。同地へ足を踏み入れたのは2月の豪華なベビーシャワー以来約7か月ぶりで、妃がまず訪れたのはウェスト・ビレッジにあるお気に入りのヨガスタジオだった。ホットヨガクラスで汗を流し時差ぼけを解消、親友の大一番を前に自身もコンディションを整え、「アーサー・アッシュ・スタジアム」へと足を運んだ。

エリザベス女王とのスコットランドでの休暇を断り、ラストミニッツでニューヨーク行きを決めたメーガン妃には、眉をひそめる人も少なくなかったが、同時にセリーナ選手との固い友情や決勝当日の妃のファッションにも大きな話題が集まった。この日のメーガン妃は「J.Crew」のデニムのベルト付きシャツドレスにセーターブレザーを合わせた秋らしい装いで登場。前列にはセリーナ選手の夫アレクシス・オハニアンさんを、両隣にはセリーナ選手の母オラシーンさん、コーチのパトリック・ムラトグルーさん、そして1列後ろには米国版『VOGUE』誌のアナ・ウィンター編集長やセリーナ選手の姉ビーナス選手らに囲まれ、親友の晴れ舞台を見守った。

いつもはハイブランドのファッションで全身を固め、高額の衣装代がバッシングの対象になるメーガン妃だが、「全米オープン」では16,100円相当のベルト付きデニム・シャツドレスの上に、15,800円相当のノーカラー・セーターブレザーを肩から羽織り、全身を「J.Crew」でコーディネート、そのリーズナブルなファッション・チョイスで人々を驚かせた。

メーガン妃が着用したこと、また手の届きやすい価格だったことも手伝い、ベルト付きデニム・シャツドレスはたちまちソールドアウトに。肩かけしたノーカラー・セーターブレザーも、妃の着用していたグレーは現在ソールドアウトとなっている。胸元にかけた「ヴィクトリア・ベッカム」のアビエーター・サングラスや、夫ヘンリー王子のイニシャル“H”と自身の“M”が刻まれたドッグタグ・ネックレスの重ねづけにも注目が集まった。

時折周囲と談笑したり、手を叩いて声援を送るメーガン妃だったが、緊迫した面持ちで祈るように手を合わせ、劣勢に立たされたセリーナ選手を見守る姿が印象的だった。セリーナ選手はカナダ出身のビアンカ・アンドレースク選手を相手に6-3、7-5で破れ、昨年に続き今年も優勝を逃した。

束の間のニューヨークでの時間を過ごしたメーガン妃は米時間8日に同地を後にし、再び夫と愛息の待つ英国へと戻る予定だと報じられている。

画像は『US Open 2019年9月7日付Instagram「A final fit for royalty」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ